2017/07/23

崩壊する現代アート(福井県立美術館)

久しぶりに福井県立美術館へ行って来た。

Img_0844
今、開館40周年記念名品200選が10月22日まで公開されている。
観覧は「ワンコイン・パスポート」が発行され500円で会期中何度でも観覧できる。

7月30日までは「院展の巨匠たち」7月7日~8月27日までは「現代アート大絵巻」8月2日~8月27日までは「江戸の美術」9月15日~10月22日までは「日本画への挑戦」といったぐあいに期間を一部重複させての開催。

この4つの展覧会を全て見るとオリジナルグッズがもらえるというスタンプラリーも行なっている。

殺人的な暑さの中、涼しい美術館で過ごすのはとても気分のいいもの。
しかも毎日行ってもパスポート持っていれば期間中は無料。
市内の人が少し羨ましい。

さて、いささか過激な見出しになったが、現代アートの作品のいくつかは今までに何度か拝見したもの。
そしてその作品が徐々に形を変えている。作家の手が入ったわけではない。移動、保管、展示。これらのサイクルを繰り返すうちに、または展示中何らかのささやかな勿怪。
それもまた観賞の対象となる。

40年の間に壁や床は何度か新しくしたようだ。ぼくはエントランスから左に上がる階段の石の壁面が好きだった。
所々に石英の結晶を見つけ手に触れたものだ。ぼくの怪しい記憶が間違っていなければこの壁面だった。

くたびれた空調の匂い。ぼくの歩調に全く合わない階段とそこに敷かれた妙に毛足の長い赤いカーペット。こういう感じってちょっといいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/21

スバルR1 GPSレシーバー設置場所変更。

前回「GPSレシーバー」設置の記事を書いたが、思わぬ時に手に触れて使い勝手が良くない。

Img_0836
こういう場合ソケットタイプというのが災いし、どこでも設置と言うわけにはいかない。
数日検討して助手席小物入れに設置した。

ただ、この小物入れの上部には車検証入れがあり蓋が下方に開くようになっている。(正面から見た場合この車検証入れは全く見えない。)
これをクリアする為にプラグの上部を蓋の形状に合わせて(蓋が開いた状態で)5ミリほどV形に削った。

ちょっと見にくいが写真は車検証入れの蓋を開けた状態。

小物入れも車検証入れも問題なく使え、GPSの測位も全く問題ない。

取り付けにはアルミ板を使いソケットと小物入れ右壁を小さなタッピングビスで固定。もちろん両面テープ併用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/09

R1(S)にGPSレシーバー取り付け。

GPSレシーバーなるものを取り付けた。

Img_0823
GPSレーダー探知機からレーダ探知の部分を省いたもの。
警告地点に近づくとランプと音声で知らせてくれる。

商品はセルラーのASSURA GR-81

シガーソケットに挿すだけというものだけれど、ソケットが使えなくなるので増設。
両面テープで付けたが一晩で剥がれたので、タッピングビスで固定。

GPSの測位はかなり早い。
液晶画面が無いのはいい。4つのランプとたったふたつのボタンのみ。

その案内には全く問題がないが、音質が良くない。たぶんスピーカーと筐体の問題だと思う。

デフォルトのGPSデータは2013年といういささか古いものだったので最新のデータに更新した。

簡単に出来ると思ったけれど・・・。

safariでDLした。GR-81.zip.htmlというファイルがダウンロードされる。htmlの部分を削除しGR-81.zipとしてZIPファイルにする。zipの解凍フォルダをmicroSDカードを挿入したカードリーダーにドラッグアンドドロップする。

ま、そう面倒ではない。microSDカードをGPSレシーバーに挿入して無事「2017年6月度版」のアナウンスでホッとした。

2008年に取り付けたGPSレーダー探知機(YUPITERU EG-R420)はお役御免となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/03

SUBARU R1(S)11年目の車検終了。

大きなトラブルもなく、10年以上乗ったのはR1が初めて。
球切れなど一度もないのもすごい。

Img_0811
無事11年目の車検が終わった。
エンジンオイルやバッテリー交換は春に終えていたし、発煙筒もLEDのものを常備していたのでそれほどの出費はなかった。
点火プラグとエアエレメント、エアコンフィルターの交換。あと車体の防錆コーティング(雪国では必須)車検時だと安くなる。をお願いした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/29

姫黄梅(小品盆栽)

姫黄梅のミニ盆栽です。

Img_0785
手に入れてから20年ほど経っています。
10年前に投稿したときは鉢を入れた高さは19センチでした。
鉢は変わりましたが鉢を入れた高さは約22センチ。
樹高は約13センチです。

10年経ってもほとんど大きさが変わらないので、小品盆栽には適しています。

当時と変わったのは小枝が増えたのと、根上感を出したくらいです。
あまり手入れをしていないので、枝が伸び放題。
樹形が崩れてきたので、花が終わったら剪定です。

2010/05/30の姿は:こちら
2007/05/23の姿は:こちら


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/28

ナンバープレートの色。

白いナンバープレート。見慣れてきました。

Img_0774
黒いボディーに黄色の有彩色は合わないね。

バックは敦賀港(フェリーターミナル)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/20

自転車のある風景(敦賀)

野坂岳からの風景。すぐ下に見えるのは舞鶴若狭自動車道。その向こうは敦賀市街。

Img_0749
春ゼミが鳴いていました。

気比の松原です。

Img_0758
最近いい天気が続いています。今日は26℃とのことでしたが、国道の温度計は午後四時で29℃でした。

敦賀赤レンガ倉庫です。

Img_0762
レストランと敦賀の町並みの大きなジオラマがあります。
このジオラマ明治後期から昭和初期の様子をごちゃ混ぜという、とんでもないジオラマで、実際にはありえない風景。縮尺までデフォルメという大胆さ。

自転車(MTB)は古いGARY FISHER KAITAI(改)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/07

季節の写真。

夕陽が海に沈む季節になった。

Img_0734_2
田んぼには水が張られている。


庭のボタンの花。独特の香りが漂っている。

Img_0708


日本シャクナゲは蕾のときのピンクがキレイ。開花すると白っぽくなる。

Img_0742
3点ともEOS M3 EF-M22mm 加工なし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/28

久しぶりです。

桜が終わり田んぼには水が張られ、早くも田植えが始まった。

雨が降るとカエルの合唱。日中は半袖でもいい季節になった。

去年と違うのはチョコ(ネコ)がいないこと。

せめて「桜の咲く頃までは・・・。」と言った獣医の言葉が今も耳に残っている。
その桜の季節も遠に過ぎて、チョコが逝って2ヵ月が経った。

2ヵ月前の今日、午後7時10分。
同じ時間にお墓参りしてきた。まだ西の空にはほんの少し太陽の明るさが残っていた。
もうそんな季節になった。

掃き出しのサッシをコンコン叩いて、ニャンと鳴くのが帰って来た時の合図。

サッシを開けてもすぐには入らず、じっと外の空気の音を読んでからゆっくりと入って来て、自分の茶碗に向かうのが日課。

いなくても、この時期の今はどこで何をしているのかなんていうのは、長いつきあいで手に取るように分かる。


お墓には大好物の「アジの開き」をお供えして、少しおしゃべりしてきた。

暗くなった帰り道。あぜ道のわきではカエルが鳴いている。チョコはドピューンと僕を追い越して家の方に走っていった。いつものチョコの行動だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/28

あれから一月。

Img_3286

チョコが逝って一月。

朝も昼も夕方も夜も・・・シーン〜としていて・・・。

毎日チョコの気配を捜す僕がいて・・・。

コトッ、カタッという音に「チョコお帰り」と声をかける。

爪の跡や齧ったダンボール、毎日掃除させられたトイレの砂、あちこちに残るチョコの毛。

一分、いや5秒でもいい。もう一度チョコに会いたい。

先日、御誕生寺(猫の寺)へ未開封のカリカリ一袋と猫砂一袋、金のだしカップ4個入り一箱、シャワーシート一袋を置いて来た。
食べたくても食べれなかったチョコ。
お寺のネコさんたちに食べてもらって供養にしたかった。

台所の隅には一月前の最後のチョコの食事(カリカリ)がそのままになっている。
何日も食べれなかったけれど毎日、食事は用意していた。

おなか空いていたのだね。でもノドが腫れて、息もできなくて、苦しくて辛かっただろうね。
やっと楽になった。もう苦しまなくていい。

まだ最後の食事を片付けることができない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/01

チョコ(ネコ)が亡くなりました。

2011年6月に甲状腺機能亢進症を患った後も元気で、毎日朝晩の薬もきちんと飲んでくれました。
昨年秋に胆嚢炎で4日間入院しましたがその後は元気でした。

Img_4482

あれっ?と思ったのは2月14日。吐いた後、食欲がもどらない。喉の辺りを触ると、ギンナンくらいのしこりがある。
翌15日かかりつけの動物病院で検査。喉に1センチの腫瘍のようなものがある。昨年の秋の写真では異常はない。
喉の辺りはよく触っているけれどこんなに急に腫瘍ができることってあるのか。
細胞検査の結果は「上皮性悪性腫瘍病変疑い『粘膜上皮細胞が得られており、一部の細胞がやや強い異型性を示していることや腫瘤が確認されていることなどから、気管を由来とする腺癌が疑われます。』」というもの。

気管が圧迫され狭くなっている。場所的には手術不可能。

2月15日から17日まで入院。食欲が戻りホッとするが、22日から食欲が落ち翌日からはまったく受けつけなくなる。
時々咳きこみ苦しそうであった。

2月27日腫瘍の大きさは約2.5センチ。動物病院で皮下輸液をうけ、いつもならすぐ止まる血がなかなか止まらない。なんとか処置が終わり、先生がチョコを優しくなでてくれた。

病院からの帰り、松原から日本海さかな街に続く道路を走りながら、「ポカポカといい天気だねー。春みたいだね。チョコと何度この道を通ったかなー。いい天気だねー。ほんといいてんきだね~」チョコはケージの中からフロントガラス越しの景色を眺めていた。
たぶんこれが最後のチョコとのドライブだと思うと涙が出た。

翌2月28日。夕方6時40分。数分おきに右に左に寝返りをうつ。7時すぎに苦しそうに息をする。「大丈夫だよ大丈夫だよお父さんここにいる」といい頭をなででやる。そして「カッ、カッカッ」といい息が止まる。時計を見ると7時10分。

チョコ(17歳、雌ネコ)若い頃はやんちゃお嬢(獰猛といってもいい)だった。
ぼくはチョコのおなかのフカフカの毛が好きだった。悪い事をした時は顎でチョコの頭をゴリゴリするのが決まりだった。

写真は2月23日いっしょにテレビを見ていた。亡くなる5日前である。

Img_0676
いつも膝に乗って来たので、これが生活として溶け込んでいたので気がつかない事も。

気がついてからたったの2週間。あまりに早かった。まだ家のどこかで寝ているような気がして・・・。
やっぱり、きつい。さみしい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/01/23

雪・雪・雪

昨夜8時頃から降り始めた雪。

Img_0652
夜9時には8センチ。

朝起きてみると30センチになっていた。

車出せないので孤立。

午後は除雪作業。

重~く湿った雪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«スリッパスタンド。