« 新月の夜桜 | トップページ | 絶望と希望…川嶋あい »

2005/04/10

Let sleeping dogs lis

連日、中韓の反日感情の高まりが報道されている。北京では日系スーパーだけでなく日本大使館にまで投石された。町村外相は王大使に厳重注意と謝罪を求めたそうだが、相手も「しょうがないなー、なんでそんな事言われなきゃならないんだ。面倒だから無難に、あのような光景は見たくなかった。と返事しておこう」てな感じか。
町村外相も憮然とした態度で駐日大使と接さず。にこにことしながら握手を交わして話をすればよかったのに。外交のプロでしょ?
「責任は中国側にない」と言い切る中国側もスゴイ。「中国側」ということは責任は「日本側にある」という意味だからね。「このさい悪者の日本をボコボコにしてしまえ!」「そうだそうだ!警官もいるだけで誰も止めないから石でも瓶でもなんでもいいから投げつけちゃえ!」「警官いるだけで止めないの?じゃ私も投げちゃおう。なんか楽しいね。ワイワイガヤガヤ」なんだか緊張感がないね。
こんなこと誰も損にはなっても得にはならない。と思ったけれど、まてまて、もしかしたら……。ここには書けないな。
ただ、やや右傾化した日本にとって、周りから叩かれると自然発生的に民族としての結束が強まる事もある。
「寝た子を起こすな」という言葉が中国や韓国にだってあると思うのだが。

|

« 新月の夜桜 | トップページ | 絶望と希望…川嶋あい »