« 図書館 | トップページ | 現代文具デザイン考 »

2005/04/13

文庫本の謎

以前から読みたいと思っていた村上春樹の「海辺のカフカ」がやっと文庫本になったけれど上巻705円。下巻743円もする。でBOOK・OFFに行ったら既にあるではないか。各400円。即購入。ちょっと高いかなとも思ったけれど先月出たばかりだし、とにかく程度が抜群にいい。新品と言っていいくらいだ。100点のサービス券があったので計700円。本を買うと心が豊かになったようでうれしい。
何年か前にFMを聞いていたらDJの中田美香が「ニューヨークへの飛行機の中で読もうと思った村上春樹の新刊、空港の売店に(下巻)しかなかったのよね。下巻から読む人なんていないわよね」と言った言葉が印象的だった。
で、なにが謎なのかと言うと、読まれた形跡がないくらい程度のいい文庫本をジーッと見ていて気づいたことがある。上面(天)が揃っていない。ようするにガタついている。前面(小口)と底面(地)はきれいに断裁されている。他の文庫本を調べると結構そんな状態のものが多い。製本の事はよく解らないのだけれど、おそらく本がけで折ると上面はそのままで使えると判断したのか。もちろん底面や前面は切り離す必要から断裁する。でもザラザラの上面に埃がたまると取れにくいんだよな。

|

« 図書館 | トップページ | 現代文具デザイン考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/3688165

この記事へのトラックバック一覧です: 文庫本の謎:

« 図書館 | トップページ | 現代文具デザイン考 »