« 猫手の岩ヒバたち。 | トップページ | VW Polo SE »

2005/06/28

真空管アンプのようなPowerBook

DSC00177熱い!気温もだがPowerBook G4のパームレスト。火傷する事はないけれど、今の時期ここに平気で手を乗せれる人は変態だ!? 室温が33度もある。ファンは回りっぱなし。パームレストに触れないように左右からキーボードを挟むように打つ指がカニの足に見えてきた。Winter Bellsを聞きながらこれ書いているけどちっとも涼しくならんなー!当たり前か。日中は我慢出来ず久しぶりにPowerBook G3 333MHzを使った。「おー快適!熱くならない。」冷却ファンもとても静か。ノロくても普通に文章を書くのなら充分。HDの作動音も静かだし、あらためてみるとけっこう作りがいいのかも?それともPowerBook G4のアルミボディーが内部反響するのか?
このPowerBook G3なんとOS8.6のままというクラシカルなもの。そんなもの使い物になるのと言われると、なるとも言えるしならないとも言える。メモリは384MB。HDは当初4GBだったものを40GBにしただけのもの。でもねこういうのってアンプでいうと真空管アンプみたいで今のOSより人間臭くってすぐダダをこねるし勝手に寝てしまうし、ペットみたいなものです。車で言うと古いOHVエンジンのアメ車や排気量の大きなディーゼル車みたいででかいだけでパワーもないしノロいしガスは食うしでいい事なしのようですがおっとりしたトルクがいいのです。

|

« 猫手の岩ヒバたち。 | トップページ | VW Polo SE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/4751044

この記事へのトラックバック一覧です: 真空管アンプのようなPowerBook:

« 猫手の岩ヒバたち。 | トップページ | VW Polo SE »