« 狐(キツネ)さん | トップページ | インターネットに繋がらない。 »

2005/09/14

何を考えているんだか…

衆院選が終わり、郵政法案は特別国会に再提出され参院での可決は確実になった。
これは参院自民党の民営化反対派がコロッと考えを変えた為である。
小泉首相は「民意を尊重すると言う事だと思う」とコメント。
衆院の解散選挙は早く国民の意見を反映できるから、その結果に従ったと思えばいいわけだが、これって変だろ。主権在民(いい言葉だ)あなた方国会議員のとった行動は正論である。小泉首相のとった今回の正論選挙(勝手に彼がそう思わせているだけかも知れないが)と同化してしまった。
何が正論だ、道理に合っていない。そりゃおバカな国民にはそう聞こえたかも知れない。
少し話は横道にそれるが、ヒドいのが「郵便局の職員は警察や自衛隊、外務省の人員に比べ多すぎる。ここが公務員でなくなれば、一気に公務員を減らす事が出来る」ちょっと考えれば、いや通常のオツムの人なら考えなくても分かる。道理に合わない事を、もっともらしく説明したつもりだろうが、説明になっていない。
僕に言わせればそんなもの正論ではなく郢書燕説にすらなっていない。
話を先の落城議員に戻す。
結局、民意等と言っているが風見鶏、我が身大切、寄らば大樹の陰と言ったところか。全て自分の思いついた正しい判断だと信じ込んでいる想像力も、当然まともな矜持も持ち合わせていない、想像力のかけらもないやつらに限って自己合理化が素早い。

|

« 狐(キツネ)さん | トップページ | インターネットに繋がらない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/5946177

この記事へのトラックバック一覧です: 何を考えているんだか…:

« 狐(キツネ)さん | トップページ | インターネットに繋がらない。 »