« マキの実 | トップページ | いい絵を見た。 »

2005/10/22

食材としての椎(シイ)の実。

DSC00251今年はシイの実がよく落ちている。スーパーの袋一杯拾っているおばちゃんなんかもいる。
昔よく拾ったけれど、これっといった印象のある味ではなかったので、もう20年くらい食べていなかった。
あまりにたくさん落ちているので拾って煎ってみた。
こいうものってピーナッツやピスタチオみたいなもので、食べ出すと止まらなくなる。シイの実は味が淡白で久しぶりに食べてもやはり印象の薄い味である。
煎った後早めに食べないとすぐに固くなる。この固くなり方が半端じゃない。歯が欠けるかと思う位固くなる。
ピーナッツや栗、クルミ等と違い他の食材と合わせて何かを作る事は出来ない。粉状にすれば使い道はあるかもしれないが、印象の薄い味だから価値はないと思う。
以前たくさん拾っている方に聞いたら、居酒屋のおつまみにすると言っていた。なるほど、珍しい実だからいいかもしれない。元がただだからなおいい。
写真は煎ったもの。

|

« マキの実 | トップページ | いい絵を見た。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/6519405

この記事へのトラックバック一覧です: 食材としての椎(シイ)の実。:

» おやじいのつまみ [okubotsuyoshi.com]
同じ2年型のスダジイとツブラジイごちゃ混ぜで炒ってつまみに最高。生もほんのり甘さが郷愁そそって好きだけど軽く炒ると皮が縦に割れて食べ易いし滅茶苦茶うまい、栗な感じ。割れないのは虫に食われてたり腐ってたりするやつだから分かり易い。←きれいに割れてるの分かりますか、スキレットが絶対に正解そのまま食卓へ野趣溢れていいし冷えなくて素晴らシイ。... [続きを読む]

受信: 2005/11/05 10:33

« マキの実 | トップページ | いい絵を見た。 »