« 川嶋あい「サンキュー!」&「この場所から…」 | トップページ | 川嶋あい(アルバム/サンキュー!)風蕭々でも黒南風でもない「暴風だ!」 »

2006/05/26

レガシィが変化?

スバルからダイレクトメールが来ていた。
赤い封筒の真ん中に直径3センチの穴が開いていて、何やら面白そうなダイヤルの写真が見える。
先日ipod用のharman/kardon drive+playという商品のえらくかっこいいコントローラを見た後だったので、このダイヤルに期待したのだが…。
赤い封筒に白い文字で「指先ひとつで、まったく違うレガシィに。」と書かれている。スゴイ!指先ひとつでワゴンになったりセダンになったりもしかしたらコンバーチブルにもなるのか?それともトラックのような荷台が出現したりはたまたミニバンのような格好に変身するのか?
別に茶化しているわけではない。メルセデスが初めて「バリオルーフ」を採用した時「スゴイ、カッコイイ」と思ったものだ。
インパクトを与える為に使った「指先ひとつで、まったく違うレガシィに。」のコピー。「まさか今時、走行モードの切り替えの事じゃないんだろうな」と思ったもののはたして結果はドンピシャ!まったくその通りだった。「インテリジェントモード/スポーツモード/スポーツシャープモード」の3つの切り替えが出来る。なんともクラシカルで解りにくいネーミングだが、日本語で最初から言うと「ゆったり低燃費走行/ちょっと元気走行/がむしゃら、ムチャ元気走行」となる。特に新しい機能ではない。10年前の車にもこのような機能はある。ただ当時より今はもっと簡単にこの機能をメーカーはコストをかけずに装備できる。コンピューターのプログラムの切り替えという単純作業である。エンジンが変るわけでもミッションが変るわけでもない。変るのは、変ったように感じるのはドライバーの感覚に訴える走行プログラムである。
ここまでやるならもっとユーザが自由に体験できるアプリケーション(ソフト)を付属して自分のPCで走行モードをコントロールできるシステムにしたらどうなんだろう。データをメーカーに送信すればアドバイスを受ける事も出来るしプログラムの修正やアップデートも可能だ。そうすれば車の健康状態も自分の目で確認できる。
「SI-DRIVEという『知性』を備えた、革新のLEGACYが誕生」というフレーズが踊っているが、やるならここまでやってほしかった。(笑)

|

« 川嶋あい「サンキュー!」&「この場所から…」 | トップページ | 川嶋あい(アルバム/サンキュー!)風蕭々でも黒南風でもない「暴風だ!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/10251796

この記事へのトラックバック一覧です: レガシィが変化?:

« 川嶋あい「サンキュー!」&「この場所から…」 | トップページ | 川嶋あい(アルバム/サンキュー!)風蕭々でも黒南風でもない「暴風だ!」 »