« ネコと格闘…負傷。 | トップページ | 直筆原稿はそんなにいいのか? »

2006/06/23

不味いワインなら飲まなくていい!

「なかなか飲みやすいワインですね」などとはよく使われる言い回しなのだけれど、以前から「変な使われ方」として感じていた。「柔らかくて食べやすいお肉です」とは全く意味あいが違う。
「なかなか飲みやすいワインですね」じゃなく「美味しいワインですね」でよい。それとも美味しくはないのだけれど不味いとは言えないので、言葉を変えただけなのか。それをオバカチャンが真似して「美味しいワイン」の表現として使っているのだとしたらかなり間抜けである。
「飲みやすい」なんて青汁や苦い薬を飲みやすくしたみたいで…。
「楽天市場」のワインの所に「とってもフルーティで飲みやすいワインです」などと書かれているけれど、もう、こういう表現は訳が解らない。味の雰囲気を言葉で上手く表したつもりなのかもしれないけれど、かなり曖昧な表現。こんな言葉で「なるほど」なんて思う人はいないよね?いるのか?
元々不味くて飲みにくいからなんとか飲めるように(飲みやすく)するということだから、「そんなもの無理して飲まなくてもいいよ!」って言いたくなる。

|

« ネコと格闘…負傷。 | トップページ | 直筆原稿はそんなにいいのか? »

コメント

いつものプルさん節に、笑っちゃいました。(すみません・・・。笑)
そうですよねぇ、日本語として考えるとちょっと不自然ですよね。でも実はわたしもよく使う言葉でして、しかも違和感無く使ってるんです。多分、言葉の持つ直接的な意味と、その言葉の内容が合致していないんじゃないかと、今回のプルさんの記事を読んでみて思いました。
「飲みやすいワイン」に対するものは、「飲みにくいワイン」ではなくて「クセの強いワイン」なのだろうと思います。クセが強いのを好む人にはそれで良く、逆に「飲みやすい」と言われるものはクセが無くて物足りないと思うだろうし、また、クセが強い(渋みが強いとか)ワインはどうも苦手で・・・なんて言う人にとっては、「飲みやすいワイン」と書かれているものを選ぶだろうし。
わたしが思い浮かぶのは、「クセのあるワイン」→「ボルドーなど名産地の少し古いワイン」であり、それなりの飲み方を知らないと美味しく飲めないもの。「飲みやすいワイン」→「名産地ではないけれど、渋みなどが少なく、合わせる料理の幅も広いワイン」であり、日々の食卓に上るものではないかと・・・。
実際、夫の出身地であるロワール川沿いの地方のワインはとっても「飲みやすく」て、グイグイいけるんですよ!
飲みにくいものを努力で飲みやすくしているのではなく、単にそのワインの味を表現する上での言葉の使い方の問題、なんでしょうねぇ。しかし今までプルさんのように問題を投げかけた人が誰もいなかったから、いまだにこの表現が使われているのでしょうか?あ、でもウチの夫もフランス語で「facile a boire(のみやすい)」ってやっぱり言ってます。グイグイいけるという意味で。
「美味しい」と言うのは主観性が強い言葉なので、ワインそのものを表現するには不向きなんでしょうね。「これは美味しいワインですよ」って売ることはできても、それと比べて「こちらは不味いんですが・・・」とは言えませんものね。
客観性のある表現で、もっと良いものがあればいいですねぇ。

投稿: yaco | 2006/06/27 17:18

いつも思うんです。また例によってほとんど難癖をつけるような事書いたと…。

プロフィールの所を書き換えたのですが、そこに「郢書燕説」と書きました。意味は「道理に合わない事をもっともらしく説明すること」なんですが、もっともらしく説明などできてはいないのですが…。まっ、いいでしょうと言う事で…。

> 「飲みやすいワイン」に対するものは、「飲みにくいワイン」ではなくて「クセの強いワイン」なのだろうと思います。
なるほど、こういう説明だとわかります。
いつも投げかけた言葉に的確な補足をしていただきありがとうございます。

表現というのは難しいですね。あまりに詩的な表現になるとよけい解らなくなるし。
「香り立つ乙女の肌のような…」などと書くと馬鹿な男は味見したくなるかもしれませんが(笑)
「飲みやすい」という表現でも何となくはわかる訳です。ただ皆特に深くは考えないというだけで、もちろんそれでいいわけですが。

今後も胡散臭い?難癖を書くと思いますがおつきあいいただければ幸いです(笑)

投稿: プル | 2006/06/27 22:15

いえいえ、こちらこそ、いつもこのテのプルさん節を楽しみにさせていただいてますから(笑)
それに、わたしも含め、やはりあまり普段考えないで使ってる言葉って多いものなんですよね。それに対して真っ向から向かっていこうという姿勢、とても好感が持てます。わたしもこの記事を読んでみてはじめて「そうだなぁ、おかしいよねぇ」って思いましたから。
「飲みやすいワイン」ではなく、「クセの強いワイン」の反対語としてもっとそれらしい簡潔な言葉が出てきて定着すればいいのにって思います。「飲みやすい」ではあまりに簡単にまとめられすぎてる気がして。(そのほうがいいんでしょうか・・・?)

投稿: yaco | 2006/06/28 05:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/10651253

この記事へのトラックバック一覧です: 不味いワインなら飲まなくていい!:

« ネコと格闘…負傷。 | トップページ | 直筆原稿はそんなにいいのか? »