« おもいっきりローカル。 | トップページ | 骨折。 »

2006/09/25

つくつくぼうし。

日暮れが早くなり、朝夕涼しくなった。時には寒くも感じる。
そんな寒さを感じる夕暮れに「つくつくぼうし」が一匹だけ鳴いている。
ふと思った。
今頃地面から出てきてパートナーが見つかるのかなと…。
余計なお世話かもしれないけれど…。

長い間、地中で幼虫期を過ごし「さあ夏だ!」と思い出てきたら、秋風が吹いていて仲間のセミは全くいなくて、秋の虫が鳴いている。
「ど、どうしょう…」寒さに震えながら二週間程(いや寒いからもっと早く死ぬかもしれないけれど)「ツクツクボーシ、ツクツクボーシ…」と独り侘しく鳴く(泣く)はめになったら…

毎年必ずいるはずなんだけど、最後の一匹が。
パートナーに巡り会えた後で、どちらかが最初に死ぬのはいいけれど、成虫になった時点で独りだったらこれは悲しい。
でもセミは自殺なんかせず必死に「ツクツクボーシ、ツクツクボーシ…」と鳴いている。
ぼくが近づくと鳴き声を早めて何処かへ飛び立った。

|

« おもいっきりローカル。 | トップページ | 骨折。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/12038180

この記事へのトラックバック一覧です: つくつくぼうし。:

« おもいっきりローカル。 | トップページ | 骨折。 »