« 日本一のフウラン(風蘭・富貴蘭)? | トップページ | ばらけた桶。 »

2007/07/30

車のエンジンオイルについて。

最近のVOLKSWAGEN(フォルクスワーゲン)のオイル交換は15,000km/1年ということだ。これは新車にも適用ということで、なにもなければ買ってから最初に受けるメインテナンスは一年後か15,000km走行後ということになる。ただ販売店によっては独自の点検期間を設けているようだがオイル交換は先のインターバルとなる。

身内で最近、同社製の車を購入し「そんなバカな」と思い、販売店に問い合わせると「ロングライフオイルを入れてあるのでそれより早く交換するユーザはいない」とのこと。(販売店は中京圏の正規ディーラー)環境のためにはその方がいいのかもしれないけれど、車にはどうなんだろう?

試しにぼくの住む県内のDUOに聞いてみた。回答は、「フォルクスワーゲングループジャパンの講習会でもロングライフオイル(Castrol)交換は15,000km/1年とは言っているが、現実はユーザーさんのほとんどが5,000km位で交換されている。特に新車の場合廃油をみると金属(メタリックのキラキラ)が認められ、5,000kmでもオイルの劣化がかなり認められる。使用するオイル銘柄はMOTUL」とのこと。
う〜ん、地域が違えばこんなにユーザの性格が違うのか。それともどちらかのディーラーの情報が間違っているのか。ただ、環境に対してどうなのか、その部分が分からないので考慮に入れないで考えるとDUOの回答にうなずける。

我が国は気候の変動が大きく車に対する環境はとても厳しい。交通事情も欧州と同じではない筈だ。ストップ&ゴーが多く渋滞だってある。

このVWのオイルに関しては
こちらのサイト
に詳しく書かれている。そこには「VWエンジンオイル( Castrol) 我国で 15,000 km / 1 年 と言っているのは実は本来 30,000 km / 2 年」と書かれている。15,000km/1年というのは日本に適した数値だと言うのだろうか?
調べてみると、おしなべてドイツメーカはメンテのフリー化をしている。ポルシェなんかほとんどの車種にディップスティック(量や汚れを見るゲージ)がないと言う。(メーターパネル内のディスプレーで確認)しかもオイル交換は30,000km/1年という。

先の「30,000 km / 2 年」というのはヒドイがオイルは何も使わないでも劣化すると聞いたことがある。熱にさらされたオイルが2年間機関部を維持する正常な性能を有しているのかは疑問だ。まぁ、だいいち精神衛生上よくない。

オイルは劣化が進むと減りも早いから補充したり、常に液量に気をつけていなければならない。かえってメンテに気をつかわなければならない。なんのためのメンテナンス・フリーなのか分らない。

機関の精度の高さをアピールし、環境に配慮する姿勢が鼻につく。

|

« 日本一のフウラン(風蘭・富貴蘭)? | トップページ | ばらけた桶。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/15943116

この記事へのトラックバック一覧です: 車のエンジンオイルについて。:

« 日本一のフウラン(風蘭・富貴蘭)? | トップページ | ばらけた桶。 »