« 「クワガタ虫」対「猛猫」 | トップページ | 歩道を走るバイク。 »

2007/07/21

夏の天敵?

NHKの「クイズモンスター」を見ていたら、「夏の天敵・蚊」という言葉。
はぁ〜??? 「天敵」って一般に「ヘビはカエルの天敵」であり「カエルはヘビに飲み込まれる」・「ヘビはカエルを飲み込む」というふうに受動と能動の関係(動作・作用)を表すもの。
夏は蚊にヤラレてしまうのか?
まあ、いい。のっけからずっこけたけれど。

で、出題が「蚊に刺された時『かゆみ』を和らげる方法は?」というもの。
正解は「じっと見守る」というもの。へっ?「蚊に刺された時」っていう表現、現在進行形だったの?「蚊に刺されている時」または「蚊が血液を吸っている時」というふうに理解しなければならなかったのね。
説明では「蚊は最初に麻酔作用のある唾液を注入してから皮膚の奥まで針を刺し血液を吸い上げ、最後にカユミの原因になっている唾液も回収するため。」という説明だった。
刺されているのをじっと見ているなんて、通常の神経では無理でしょ!だいいちいつの間にか刺されていてカユミが出てから分る事の方が多いでしょ!
だからこの出題の「蚊に刺された時『かゆみ』を和らげる方法は?」と言う表現自体に無理がある。知らないうちに刺されていた場合は「じっと見守る」と言う行為に近いと思うのですが「和らげる方法」と言う部分が(表現上)逃げています。

麻酔作用のある唾液でアレルギーを起こしかゆくなるんですね。麻酔作用が先に効き後にアレルギーを起こすと解釈すればいいのでしょうか。
血液凝固を防ぐ液を注入するから、その液がカユミの原因になると僕は理解していました。今日の番組では血液凝固を防ぐ物質には触れてはいませんでした。

Healthクリニックさんのサイトで蚊に刺されたときの事が書いてあります。リンク先のことを言うのもなんですが、見出しが「夏の風物詩『蚊』に喰われたら」となっています。「喰われる」って時間の観念が麻痺しています。動作と状態の捉え方が間違っています。蚊に血を吸われている時間は瞬間ではありませんが、それに近いものと捉えていいでしょう。だから「喰われる」ではなく「刺される」の方が適切です。

*いつも書いている事ですが、番組を録画したものを見て書いているわけではありません。いいわけがましくなりますが、今日は食事をしながら見ていた(時には咄嗟にメモを取れる場合もある)番組を思いだしながら書いているわけです。間違い箇所、表現等ありましたらご容赦下さい。また、ご指摘いただければ幸いです。

|

« 「クワガタ虫」対「猛猫」 | トップページ | 歩道を走るバイク。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/15838127

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の天敵?:

« 「クワガタ虫」対「猛猫」 | トップページ | 歩道を走るバイク。 »