« おい!そこのバカ親! | トップページ | NHK「ちりとてちん」梅丈岳の不思議。 »

2007/10/04

VW Poloのひとり言。

VW Polo 1.4 Trendlineというのがある。LupoがなくなったのでVWのボトムレンジとなる。その中でもTrendlineは言ってしまえば廉価版なのだけれど安っぽさはない。
運転席/助手席エアバッグ(カットオフスイッチ付き)に加えサイドエアバッグとカーテンエアバッグも付く。もちろんイモビライザー付き。
4ドアのComfortlineより30kg軽くなるのに10・15モードは同じ。
10・15モードってのが曲者で実走せずテスター上での測定ってのがよく分からない。ドライバーの体重を何kgとして数値を出しているのだろう。先のPoloの30kgの差は無しとしているところが謎だ。
さてこの現行polo 1,389ccで75ps(56kW)12.8kgm(126Nm)という数値で見るべきものはない。でもこれでなんの不足があるというのだ。スタートダッシュがほんの少し緩慢だとか、高速走行でパワー不足を感じるとかそんな程度である。
大人三人乗車で市内走行してみたけれど、なんの不満も感じない。「ああ〜フォルクスワーゲンだなー」と思う。
このPolo来年にはモデルチェンジも囁かれている。今度はTSIエンジンが搭載されるだろう。そして排気量はぐっと少なくなり、もしかしたら1,000cc以下のモデルも出るかもしれない。そうなれば軽くて燃費がよく、維持費(税金)も安くいい事尽くめだ。
このPoloは現在ドイツ本国では作られていないらしい。

Img_0687写真のチェーンはUrsprungszertifikat Wolfsburgの刻印とウォルフスブルグ市紋章が刻まれている。以前、生産地証明書と共にオーナーに贈られたものである。
オーナメントはプル工芸制作でブライヤーウッドにシルバー象嵌。ではなくてただの銀色のマークと文字を入れただけです。(家人の車用)

*直噴ツインチャージャーエンジン。
低い回転域をスーパーチャージャー、高い回転域をターボチャージャーを使い、幅広い回転域で力強いエンジン

おもしろいPoloの映像がある。
ひと言で言えば「自動車自爆テロにPoloは不合格」

いくら[Polo.Small but tough.]といってもね。
どうせここまでやるならウインドーの内側に肉片や内容物がベチャッとくっ付くともっとリアル。

そー言えばドーンとPoloが降ってくるCMがあったな。
横にでかいサイ(動物のサイです)とともに写っているのが印象的でした。(僕の乗っていた97年型Poloの時代です)

|

« おい!そこのバカ親! | トップページ | NHK「ちりとてちん」梅丈岳の不思議。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/16661129

この記事へのトラックバック一覧です: VW Poloのひとり言。:

« おい!そこのバカ親! | トップページ | NHK「ちりとてちん」梅丈岳の不思議。 »