« 昭和33年。 | トップページ | 原始共産主義。 »

2008/01/23

水。

ある写真家の方から写真集が送られてきた。変形A4判で自然界における「水」をテーマにした「ミズノウタ」
銀塩写真の深い味わいとページを繰ると水面から立ち上ってくる湿気。
テーマは「水」だけれどそこにあるのはあらゆる「生」や「命」
水面から突き出た小さな花からは香りが今にもしてきそうだ。

押尾コータローのCDを聞きながらこの写真集を見ていたのだけれど、どうも合わない。
やけに粉っぽくて、ガサツで、今までこんな事感じた事はなかったけれど不思議だ。

一度も聞いたことのない古いLPレコードに針を落した。サイモンとガーファンクル/ビートルズのナンバーをカラベリとパーシーフェイスが演奏している。当時よく言われていたイージーリスニングというジャンルだ。
ピチッ・プッと言うノイズをシュアのVN35HEは溝から拾い上げるけれど、この艶やかななめらかさは写真の水(液体)という物質によく合う。

アナログの写真にはアナログの音楽。なぜか符号化(二進法)されたものは滑らかな水面には粉っぽい。

|

« 昭和33年。 | トップページ | 原始共産主義。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/17806724

この記事へのトラックバック一覧です: 水。:

« 昭和33年。 | トップページ | 原始共産主義。 »