« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/29

私の娘・私の息子

「横尾さん作品差し替え/教科書検定・高校美術」という見出しの新聞記事があった。(3月26日付・中日新聞朝刊) 朝日新聞の記事はこちら

問題の教科書掲載予定だった作品は「1965年の舞踏講演ポスター」その中の「私の娘展示即売会場」という文言が問題になり他の作品に差し替えられたという。
横尾忠則さんは「私の娘」とは、私の作品のこと。(作品は芸術家にとってある種の子ども・舞踏を講演会場で売るという意味)文科省は想像力貧困と述べている。

教科書に掲載された文言の文字は1ミリ程度の大きさという。
(3ポイントより小さい。1ポイント約0.3528ミリとした場合)
実際には「場會賣即示展娘の私」と左方に印刷されている。

美術の教科書でここまでやらなくても・・・一つの作品をここまで難癖つけなくてもいいじゃないか。とも思うけれど、このポスターの本来の役目は「舞踏講演」だったはず。
教科書掲載が目的の作品ではないはず。
文科省をクライアント(依頼人・顧客)とするのはちょっと無理があるけれど、クライアントの要請により作成されたポスターではないのです。
世間では優れていると認められていても、クライアントの意に添わなければポイされるわけです。今回は出版社が掲載を決めたものの、親方である文科省がダメといえばそれに意見などするのが無駄です。文科省とはそういうところだということです。

ただ、これは僕個人の思いですが、このポスターの製作された1965年の感覚ではそうでもなかったのかもしれませんが、「私の娘展示即売会場」と言う言葉はたとえ横尾氏がおっしゃる「作品」という意味であったとしても、現代においては、あまりいい言葉でないと思うのです。「私の息子展示即売会場」だったらどうなるんでしょう。あんまり変なこと書くといらぬTBがあるかもしれません。なるべく誤解を招く用語は避けて書いているつもりですが、ジェンダーバイアスの香りが微かに・・・。

美術の教師が自己判断で参考作品として使うのもいけないのでしょうか?

| | コメント (0)

2008/03/27

ひぐらし亭。

連続テレビ小説「ちりとてちん」の話題。
昨日の続きになってしまう。
「徒然草」が「徒然亭」の精神に通じるという喜代美(若狭)の言葉についてだ。

今日の放送で、初日(草原・草々・小草若・四草・小草々)の舞台挨拶があった。
それぞれの挨拶を要約する。

草原は「上方落語の悲願であった常打ち小屋が完成しました。その名もひぐらし亭と申します」

草々は「今は未熟で、その日暮らしの噺家も、お客様に育てていただけるようにという思いを込めました」

小草若は「セミの『ヒグラシ』ヒグラシの一生はほとんど土の中で過ごします。まぁ落語家の修行も同じように、これも底抜けに長うおますがなアハハハ…」

四草は「ひぐらしには一日中と言う意味もございます。ここでは一日中落語をやっております。一日中落語をやっていてあきへん噺家と一日中落語を聞いていてあきへんお客様。
どっちも頭の悪い連中でございます。」

小草々は「ひぐらし亭は若狭塗り箸をシンボルにしています。幾重にも模様や漆を塗り重ねる若狭塗り箸。これと同じように私ども噺家も稽古を積み重ね、高座を積み重ね、講演を積み重ねて精進していく所存でございます」

(要約のつもりがそのまま打ち込んでしまった)

なんだ!結局ひぐらしにかけた言葉遊びじゃないのか?

小草々の言った「幾重にも模様や漆を塗り重ね・・・」って模様は研ぎ出されて現れるものであって模様ではなく素材のことですね。

師匠である徒然亭草若が生前に言った言葉。
カナカナカナと鳴くヒグラシの声が「コワイコワイコワイ」と聞こえると言ったことを思い出しました。・・・コワイコワイコワイ 生きているのがコワイコワイコワイ。
死期がせまっていると生きているのがコワイコワイコワイ。
セミは成虫になると生きている期間が短い。その鳴き声が師匠の心の声とシンクロしたように感じられました。

人は寿命がある。不幸にも本人の意思とは関係なく寿命を縮められることもある。でもとにかくその日までは生きなければならない。人の一生とは・・・人生とは・・・


訂正/昨日の記事に間違いと思われる部分があったので削除しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/26

ヒグラシは鳴かない。

連続テレビ小説「ちりとてちん」も今週で終わる。
月曜日の放送の中にこんなのがあった。

カナカナカナとヒグラシが鳴くのを聞いて、

草々:ヒグラシか・・・。

小草若:もう夏もおわりでっせ。

ヒグラシって夏の終わりに鳴いているのか?Wikipediaによると「地域にもよるが成虫は6月下旬頃から発生し9月中旬頃までほぼ連日鳴き声を聞くことができる」とある。また秋の季語だそうだ。
でもぼくの感覚としては秋に、いや夏の終わりにすら聞いたことがない。「地域にもよる」などと曖昧な表現だからはっきりしないけれど、福井では7月中・下旬が最盛期で、8月になるとだんだん聞かなくなり、やがてツクツクボウシにその座を明渡すことになる。
ドラマの舞台になっている「大阪」では夏の終わりにヒグラシが鳴いているのだろうか。ちょっと怪しい。
カナカナという哀愁を帯びた声が、どことなくはかなさを感じさせるところから、「ああ夏も終わりだな」と思わせるために、このあたりでヒグラシの声を登場させようとしたのなら、おバカちゃんである。
常打ち小屋の二階での喜代美(若狭)と奈津子の会話。

奈津子:*ひぐらし亭?

喜代美:つれづれなるままに、日くらし、硯に向ひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ

奈津子:吉田兼好の「徒然草」。することなくて退屈なのにまかせて一日中机に向かっていたらーゆうやつ。

喜代美:もともと徒然亭の精神に通じとるんやと思うんです。落語が好きで好きで一日中落語やっとるような人たちが集まって毎日毎日落語をやっとる小屋ができあがる。そねしてだんだんみんなが自然に集まってみんなが笑ってくれる。そういう場所になっていくと思うんです。

ま、この場合の「日くらし(日暮らし)」と「ヒグラシ(蜩)」は違うわけですが、「日暮らし」の意味を「一日中」と解釈してその部分だけでここまで引っ張るのは強引です。
「徒然草」が徒然亭の精神に通じとるというのはちょっと分かりにくいですね。感覚的には分かってあげたいのだけれど、究極の孤独である「つれづれなるままに…」を持ってきたのは・・・。しょせん人は孤独なものだといいたいのでしょうか・・・。

*日がな一日落語が行われる場所という思いを込め、常打ち小屋の名前を「ひぐらし亭」とした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/23

パンを齧りながら。

桜が今にも咲きそうな本陽気。「本陽気」ってどういう意味だ。
NHK朝ドラ「ちりとてちん」で「愛宕山」の一節に「菜種の花が彩っていようかという本陽気」という部分があるけれど・・・。

そんな暖かい春の日射しの日曜日、神社の石段にすわって昼食のパンを齧(かじ)っていた。

戦時中に疎開していた旧制第二高等学校の学生が、この石段の3段目でよく本を読んでいたという話を以前父に聞いたことがある。(当時、父は旧制中学生)

その学生は母親と二人で父の家の納屋に住んでいた。
夕方になると七輪から煙が上がっていた。
田んぼで草取りの仕事(今でいうところのアルバイト)をしているのをみかけることもあった。
みんな貧しかった。
食べ物をわけあってひっそりと暮らしていた。そんな時代。

何ヵ月か納屋に住んでいてその後郷里へ帰ったのか?
一度何かを送ってきたと聞いたけれど、その後音信は途絶えたという。

戦争に駆り出されて亡くなったのか。その後のことは何も分からないけれど、今、僕がパンを齧っているこの石段に彼が座っていたのは確かなこと。

ヒンヤリとした石の感触と、周りの深い緑と古木に囲まれながら、彼がここで何を思い、考えていたのか分からない。でも木々の緑の間から見える日本海の水平線の位置は当時も今も変わらないはず。
そして空腹だったはず。

木々の葉がサラサラと音をたて、鳥がさえずっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/18

ポカポカと・・・春の夢。

ポカポカと春の陽気
ポカポカ、ポカポカと、そこらじゅうから春の擬態音が聞こえてくる。
それって病気じゃないの?
ポカポカ、擬音だったらイヤじゃないか。
どーして叩かれるんだ。

ムニャ・・・
ごろっ。
ドテッ!
あまりにいい陽気なので、
寝返りをうったネコが棚から落ちたところ。

そんな春の日射しがちょっと迷惑。
ここ数日片頭痛で、ガンガン。
鎮痛剤?う〜んよく効くけれど・・・
持って半日。

黄砂、花粉。春先の空気って汚いね。
昔はスパイクタイヤによる粉塵なんてのがあったね。
そろそろ夏タイヤに交換の時期。

サルスベリ(百日紅)の剪定もそろそろ適期。

堤防の土手にごろっと寝そべって音楽なんか聞くと気持ち良さそう。
ふりそそぐ紫外線、花粉、何が含まれているか分からない彼の国からの黄色い微粉末をいっぱい浴びて。

土手で寝そべっていると、頭が2つあるヘビがシュルシュルと・・・それを黄色いトンビがヒュンとかっさらったけれど、あわててポタリと落してしまう。
落ちたヘビに群がる子供たち。やがてヘビは2つの頭の間から引き裂かれ、それにむしゃぶりつく子供たち。ギョロっとした目と、皮膚にはどす黒い血管が浮き出ていた。

黄色い微粉末。ふりそそぐ汚染物質。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/17

山葡萄酒。

Img_0996「山葡萄酒」ってどんな味なんだろう。

秋になると子供の頃は近所の悪ガキどもと遊びふけっていました。
勉強などろくにせず、もちろん宿題などやった覚えがない。そんな勉強嫌いは大学まで続いた。(今も嫌いだけれど)大学一年の時に出された英語の課題をやらず「では、前期の試験点数からそのぶん引かせてもらいます」と嫌みたっぷりの*助教授の言葉をしっかり覚えています。
そんな勉強嫌いのプル少年の秋の放課後は山でアケビや栗、そしてわけの分からない木の実を齧っていたのです。

「山ぶどう」が絡み付いた木があって、一人がのぼり、もう一人が下で受ける役になるわけです。もう、紫の果汁が飛び散りシミだらけのシャツを着ていました。
腹が減っていたから(おやつなどない)むしゃぶりつくわけです。でもあれほど食べた「山ぶどう」の味の記憶が無いのです。
同じ紫の実の「桑の実」の味の記憶はあるのです。蒸し暑い頃に穫って食べた記憶があります。甘いんだか酸っぱいんだか分からない、輪郭のぼやけた主張のない味。はっきりいって美味しくはなかった。紫になる前のオレンジ色のものの方が酸味があって、まだましだった記憶があります。
そんなぼやけた味を記憶しているのにおそらく酸っぱかったであろう「山ぶどう」の味の記憶がないのです。

さて「山葡萄酒」と「やまぶどうジュース」で、プル少年の味の記憶が蘇るのでしょうか。

なぜ「山ぶどう」の話題を書くことになったのかといいますと、じつはこの写真の「白山、山葡萄酒・やまぶどうジュース」は懸賞で当たったのです。
「福井県産イクヒカリ(お米)」のキャンペーンに応募したら、「いゃあ〜うれしいなー本当に送ってきたよ」
当選したついでだから宣伝します。「福井県産イクヒカリ」美味いよ。淡白なコシヒカリもいいけれど、もう少し力のある味が好みの方にはいいと思います。寿司、タケノコご飯、カレーなんかには特にオススメです。そして安価、これが一番オススメの理由です(笑)

今度、妻と一緒に味わうまでワインセラー(といっても冷蔵庫のワインルームですが)に保存しておきます。

*最近は「准教授」という奇怪な名称に変更された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/14

?なこと。

雌鹿なのに、なぜ声が男なんだ? あ、フジテレビ「鹿男あをによし」のことです。公式ページには

見た目は雌鹿だが、実は百回以上魂を他の鹿に移し変えて生きており、命を受けたときは立派な牡であった。
とある。一応納得。でも立派な牡がなぜ雌鹿の姿を選んだのだろうか?
最初は角が抜け落ちた雌鹿かとも思ったのですが違っていたのですね。

教頭先生の「小治田史明(児玉清)」は「小治田安萬侶(おはりだやすまろ)」からとったのでしょうか。(おはりだ)ってひらがなで書くと旧仮名遣いみたいですね。現代仮名遣いなら(おわりだ)あ!だとすれば旧仮名遣いは(をはりだ)でした。すみません。どーでもいいバカ言葉遊びです。

話題を変えます。
先日ラジオで聞いた話題です。
[Japan]意味は分かりますよね。じゃあ[japan]はどうでしょう。
これは外国の方が英和辞典に書かれていた事を話していたのですが、「[japan]と小文字で書くと『漆器』と言う意味もあるんですね」とおっしゃっていた。司会者は「えっ!そうなんですか?」と返答していたけれど……すみません僕も知らなくて。よく考えて見れば[China](中国)[china](磁器)みたいなもんですね。
こちらで試してみてください。

もう一つ英語表記について。
午後10時1分ならPM10:01や10:01pmなどと書きますね。人によってはピリオドを付けて「P.M.やp.m.」とするかもしれません。22:01pmは間違いです。
午前、午後(AMとPM)の表記はどのようにすればいいのかという問題。
記号として捉えるのならば、大文字だろうが小文字だろうが、前に付こうが後ろに付こうが、かまわないのかもしれません。
僕の場合は10:01pm(テン オーワン ピーエム)と書いています。これは以前どこかで聞いたのだけれど、「小文字で後ろに付けるのが正しい」と言っていたため。
このページの上の時計は「AM/PM」と大文字でうしろについているけれどなぜなんだという質問はしないでください。
ClockLink.comがそういう表記のためです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/11

思いついたまま。

日本銀行の総裁人事で福田総理は武藤敏郎氏(64)「これ以上の人はいない」と言っている。
たしか、この方以前・・・ちょっとググって見たら、出てくるわ、「ノーパンしゃぶしゃぶ接待事件」で処分されたこと。
総裁人事にからんで10年前の事件のこと持ち出すのは子供じみてはいるけれど、でもやっぱり・・・

あー喉が痛い。体がだるい。どうも身体の何カ所が機能していないようで、眠い。
特に熱はないけれど、内科で診てもらった。血圧80/38。やっぱり低い。

書棚で探し物をしていて、「更級日記(さらしなにっき)」がコトンと落ちてきた。サッと目を通して、「あ〜菅原孝標(たかすえ)の女(むすめ)って*篤姫(於一)みたいだな」と、くだらない事を思った。ま、本が好きな女性は何れの世にもいるけれど、今のように書物など、どこにでもある時代ではなかったから、贅沢な趣味と言ってしまえばそれまでだけれど・・・。
本が読みたくて読みたくて神にまで祈るという少女。千年も前の話である。
この世に物語というものがあるのを知って人からあらすじなどを聞くのだけれど、その話に満ち足りなくなり、仏様に「京に行ってたくさんの物語を見せてください」と、たった10歳の少女が祈る。
今の世にワープできたなら、書物に没頭して過労死するかもしれない。ただ、現代書物には障壁がある。
古典をスラスラ読むのはそれなりに知識が必要だし、近寄りがたいものという感もある(僕もそうだ)注釈を見ながらなど面倒くさく、そのうちに筋が分からなくなったりする。その逆の状態が彼女を襲うだろう。しかも古典は過去から現代に続いているもので解釈は容易だけれどその逆となるとこれはもう未知の言語である。
未完の日本語、どこまで進化?する。

日銀総裁の話題から全く関係のない更級日記まで、これカテゴリーどうしょう。
やっぱり体のどこかの機能がおかしい。

*NHK大河ドラマ「篤姫(あつひめ)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/07

SUBARU R1(S)あれこれ。

Img_0989冬の汚れを落そうとしたけれど、融雪剤や水分中のカルシウムがこびりついていて、なかなかとれません。市販のケミカルでは無理ですね。白いボディーならほとんど気がつかない汚れなのかもしれませんが、黒いボディーでは目立ちます。

寒い中、洗車していて気がついたのですが、R1はエンジンルームの熱気をフロントフェンダーの内側を通しドアの隙間から放出しているようです。(ここの部分のことについては以前書きました)
本当はインタークーラー用のダクト以外にエンジンフードまたはフェンダーにエアアウトレットってことになるんでしょうが・・・。

エンジンは前方排気レイアウトなので、排気管がエンジンの下を通っているためエンジン搭載位置が若干上がっているのかもしれません。そのせいで重心が高くなっている可能性があります。
AWDではフロア下にプロペラシャフトが通っているので少しは安定性がいいのかも?
ま、スーパーチャージャーの搭載位置や冷却、整備性などいろんなことがあるんでしょうが、台所用品のような遮熱用のアルミ?がエンジン停止後の収縮でペリペリ音をたてるのはいただけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/05

晴れたり雪が降ったり。

今日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」。土中で冬ごもりしていた虫が地上にはい出てくるころとされる。
とはいうものの、雪がちらつく寒い日だった。

昨日は椎茸の菌を打った。ひと月前に切っておいた原木にドリルで穴をあけて菌のコマを打っていて、イテッ! ハハハ!手を怪我したと思ったでしょ。じつは錆びた釘が落ちていて靴を突き破りもう少しで足に刺さる所だった。長さ10センチくらいのトユを固定する釘だった。一応怪我をしなかったので良しとしよう。
しかし悪いことは続くもので、車用のコーティング剤が左目に入ってしまった。すぐに洗い流したのでその時は特に異常は感じなかったのだけれど、朝になり違和感があるのと、見えにくいような感じがして、こうなるともう目がダメージを受けているんじゃないのかと心配になり、眼科へ。幸い水溶性のコーティング剤だったので、症状が軽かったそうで、医師が言うのには、翌日になり症状が出ることが多いらしい。また、アルコールや石油成分が多いとダメージが大ききなるそうだ。コンパウンドが入っているものが目に入ったらすぐ診てもらった方がいいようです。
診療費1400円(検査・洗眼・点眼薬)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/04

ちょっと古いけれど…。

作家、村上春樹が吉行淳之介の告別式に行った理由。

亡くなったときに「どうもすみませんでした」と手を合わせ頭を下げた。

『村上朝日堂はいかにして鍛えられたか』の「文学集っていったい何なんだろう」という項目に書かれている。

ある出版社が発刊予定の文学全集に、村上氏の了解を得ずに作品を入れることを決めてしまった。
パンフレットには既に名前を入れて印刷してしまい、事後承諾を求めてきたというお話。
掲載される予定の作品が、全集にいれるのは相応しいと思えなかった村上は、べつのものに差し替えてもらいたく思い出版社側に相談したが、担当者の対応に気分的に納得できなかったこともあり、「面倒でしたらどうぞ全集からはずしてください」と申し出た。
その後何度か連絡があったが結局、理由を説明してお断わりしたという。
そんな時、吉行さんから人を介して「ここはひとつ折れてはもらえまいか」というメッセージを受けた。
しかし村上の思いは変わらなかった。
「吉行さんだって決して好きで口をきいたわけではないだろう」と後に村上は述べている。

作家というのは何もない所から何かを生み出す仕事。腕一本で飯を食っていると村上は述べているように、吉行さんはそこのところは良ーく分かっていたと思う。

『谷崎潤一郎から村上春樹まで』と書かれたパンフレットはその後どうなったんだろう。

本来なら原文そのままを引用するのが分かりやすいのかもしれない。でも著作権のこともあり、どのくらいまで許されるのか僕には分からない。かといってへたくそな僕の文章に直してはたしてどの程度忠実に内容をここで伝えられるか自信がない。
とても分かりにくいかもしれないけれど許してほしい。
このブログの性質上(僕が勝手に決めている)なるべく簡素を心がけてはいるのだけれど・・・そのぶん尻切れとんぼで分かりにくいかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/03

メシが不味くなる。

地元民放テレビ・補聴器CMのお話。
新聞を読んでいるおじさんに女性が呼びかけるのだけれど、反応がない。
「あぁ〜こういう方のために補聴器がいるんだな〜」
何度か女性が呼びかけると「○○補聴器だからよーく聞こえているよ」と言って両耳から補聴器をスポッと抜いて視聴者に見せるCM。
「聞こえているのならすぐ返事したらどうなんだ」と言いたくなる。
それとも、本当はものすごーく性能の悪い補聴器なのか。
よく聞こえるのか聞こえないのか解らないCMである。
それよりも両耳から補聴器をスポッと抜いて視聴者に見せる行為は、とても気持ちが悪い。
だいたい耳の穴とはいえ、人体に挿入されていたものを見せるという行為はどうなんだろう。
おっさんの耳に入っていた、こ汚いものを昼食時に見せられたんじゃたまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/01

3月です。

3月1日。リストウオッチ(古いタグホイヤー)の日付が3月2日になっていた。
今年は閏年(うるうどし)2月29日が閏日(うるうび)だったので一日ずれた。
普段*TAGのボタンなど触らないので日付を修正するのにマニュアルを読んだ。
掛時計や置時計は電波時計なのでと〜っても楽。なにもしなくてよい。
そこでハタと思った。
食品の賞味期限や消費期限の日付はしっかりプログラミングされているのか?ということ。2月29日をとばしていたら一日長くなる。
超旧式の手動ラベルライターでない限り問題はないのだろうけれど…。
冷蔵庫の中をみたら数日前に封を切った「明治おいしい牛乳」は「賞味期限08.02.29」となっていた。うん、しっかり管理されている。
でもこの牛乳、一日過ぎただけで生で飲むのは抵抗がある。数日前に封切ったのだからなー。

*TAG HEUER S/el Chronograph 1/100th CG1122

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »