« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/29

「ねこまんま」

「ねこまんま」って残り物のみそ汁などをご飯にかけたもの。昔は煮干しなんかが鍋の底に残っていてネコさんもそれなりにハグハグ食べていたけれど、うちのチョコなんかこれなに?
「ネコの食べ物じゃない」って顔する。

先日テレビで現代のねこまんま(ネコじゃなくて人間が食べる)を特集していた。
安い、簡単、うまいは当たり前。しかも「ねこまんま」は食器洗いが楽なんて言っていた。
なんでもごはんにかければ「ねこまんま」

以前ごはんにマヨネーズかけてたべるのを見たことあるけれど、こーいうのってどーなんだろーね〜。
なんだか食文化の崩壊のように思えてきた。
ぼくにとっては行儀のよくないイメージだな。

「ねこまんま」のレシピ本などというものが巷間に流布しているとも聞く。
「ねこまんま」なんて作り方に法則なんてないのだから、レシピなんて単に書いた人の自己満足だな。
まあそうはいっても個人の自由だから好きな方はどーぞ。

「ねこまんま」だから韓国のように食器を持たずに「ねこぐい」するのが正しい食べ方だ。テーブルに置いた器からスプーンでズルズルすすって食べて下さい。 おおっ!鳥肌が立つ。
たのむからぼくの前ではやめてくれ!

などと書いていて思ったのだけれど、カレーやドンブリものやお茶漬けもいってみれば「ねこまんま」じゃないのかと思った。
そーいえば以前お茶漬けを食べるシーンのCMがあったけれど、あのCMが嫌いで「汚ったねー食い方」というイメージだけだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/27

広告媒体としてのレジ袋。

レジ袋が有料になり約3ヵ月。

観察していると少数ではあるけれどレジ袋を(5円で)購入する方を見かける。
そのレジ袋をよーく見るとロゴマークも店名もない。
どうやらスーパー側からすれば店名をレジ袋でアピールするのはよくないと思っているようである。
もうこの時点でレジ袋は「悪者」扱いである。
レジ袋有料化ではない店舗もレジ袋から店名を削除しているのを見かける。
一時はこのような袋ものは「広告媒体」の手段として使われてきた。
もちろん現在でもファッション業界では依然として「広告媒体」としての役割をしっかり果たしているものもある。

たかがお店側が商品を入れてくれる袋。
そのたかがビニールだのポリエチレンだのといっている袋に明暗がクッキリ。

ただ今言える事は、毎日の生活に必要な食品を扱う店舗がレジ袋を配布するのは(有料であっても)環境、または社会に対する悪行と捉えているふしがある。
いいかえれば今、自店の名をレジ袋に記載するのは恥と思っているということ。そんなに店名を入れる事が恥ずかしいことなのか。
店名を入れるのが恥ずかしいのではなくて、レジ袋を配布すること自体が恥ずかしいのではないのか。
ほんとうに環境問題を考えているというのなら、配布をやめればいい。
そんなことできないんでしょうが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/26

「若狭国吉城歴史資料館」

昨日は朝から頭痛で夜になり益々ひどくなり風呂に入ったらもっとしんどくなり、吐いた。これはもしかしたら新型インフルエンザか?
不思議な事に今朝はまだ少し頭の芯に痛みが残るものの、通常の生活がおくれそうではある。体温は36℃。いちおうかかりつけ医で診てもらった。あいかわらず血圧は低く喉が少し赤いという。

そんなんだからお昼はうどんを食べ、午後から「若狭国吉城歴史資料館」へ行ってきた。
想像した通りというか見るべきものがない。
展示資料が少ないのはしかたないとしても、その説明が不親切で(たとえば古文書など内容の説明がない)「国吉城に関するものを集めてみました」という説明しかないのはちとヒドイ。

資料館の一部が移築された旧田辺半太夫邸になっている。(国吉籠城戦で栗屋方として活躍した地侍の屋敷)内部の壁はもともとは白かったようだが(移築以前の写真は白っぽい)なぜかいたるところ赤に塗られている。こーゆうセンスが理解できない。

国吉城祉自体が赤く塗られた眉唾ものというのはちとヒドイ言い方かもしれないけれど、やっぱり「ほんまかいな」と思う部分もある。

話は前後するがこの「若狭国吉城歴史資料館」は福井県三方郡佐柿というところにある。
現在HPはないようだ。
佐柿(さがき)という町は丹後街道の宿場として繁栄したらしく町並みに風情があっていいものだけれど、もんだいはいたるところに張り巡らされた「電機柵」これは害獣から農作物を守るためなんだろうけれど、すぐ手に触れそうな道ばたにありとても危険。しかも注意書きが分りにくかったり、あさっての方を向いていたりとヒドイもの。
日中だから電機が流れていないのかと思っていたら、ピシッ、ピシッと音をたてて地面にリークしていた所があった。誤って触れたら心臓が止まるかも。
散策される方は注意!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/21

シカ。

Img_1592
イチゴの葉を食べたのもミツバを食べたのもきっとこのシカです。
角がぬけたあとがあるので牡鹿でしょうか。
人を見てもビックリして逃げる様子もなく、20mくらいまで近づくと田んぼの畦の草を食べながら画面右方へ去っていきました。

画面手前の白いゲートはイノシシよけのものですが、シカには全く効果なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/19

指の関節に残った金属片。

先月末に指を痛めた。
古い建造物の修繕をしていて右中指(第三指)第一関節に朽ちた釘がめり込んだ。
その時はもの凄ーく痛かったけれど、とにかく傷口を洗い消毒をして、適当な抗生剤を飲んだ。
関節も動くし特に気にしてはいなかったのだけれど触ると少し痛い。
もしかしたら金属片が残っているのかもと思い、整形外科でレントゲンで確認するとしっかり異物(鉄片)が写っていました。
第一関節の腱のすぐ脇。表皮から3ミリの所。もしかしたら関節包の中かもしれないという。ただもの凄く小さく(0.5mm位)で取り出すにはレントゲンで見ながらの手術となるらしい。
実は診察の前日に、異物が入っているだろうと思い、製図に使う柄付針で患部をほじくったわけです。ただあまりの痛さに途中で断念したわけですが、そのことを医師に告げるとそんなことで取れるモノではありませんと言われてしまった。
たった表皮から3mmの所の異物がとれないなんて・・・。

で結果として「放置」することにしました。あるていどは吸収されるだろうということです。ただその部分に「鉄片が入っているという事は覚えていて下さい」ということでした。この言葉の意味するところは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/17

記念撮影。

記念撮影の時「写真に一緒に入って下さい」と言われたのはいいけれど、どうやらセルフタイマーの使い方が分らない様子。
機種はEOS Kissだったので僕がセットしてあげたけれど、一眼レフ入門機種のEOS Kissはもっと簡単に使える工夫が必要なのかもしれない。
マニュアルをしっかり読んでいても実際使う段階になると分らなくなるもの。
これはもう慣れるしかないのかもしれませんが、同じCanonのEOS 20DなんかKissを使い慣れていてもセルフタイマーの使い方が解らずアタフタしたことがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/14

最近。

長い間記事を書かなかったけれど、日々のアクセス数がゼロにはなっていないようで、記事数が1,079もあればどこかの検索でひっかかってくるのは当然だな。

さて先月28日から久しぶりのエントリーとなる。
今月初めにとんでもない虫がとんでもない部分に噛みつき、その後ずっと不調で医者通いで、ちょうど行事にも重なりそれが終わったらチョコ(猫)が不調で、獣医科病院はこの時期混み合っていて・・・

まだ虫にやられた患部が時々疼き・・・
ウウウッッッ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »