« SUBARU R1(S)車検。 | トップページ | 果汁100%って。 »

2009/07/05

虫に刺される。

たかが虫じゃないかなどとあなどってはいけない。
ツツガムシ病というのをご存知だろうか。僕なんか遠い昔(中学の頃)保健の授業で聞いたことがある。

これは「ツツガムシ」というとっても小さいダニでツツガムシリケッチアの感染によって引き起こされる。
たまたまこの病原体をもつツツガムシに刺咬されると発症する。

潜伏期間は5~14日位で、高熱が出てから2日位後に発疹が出るちょっとコワイ病気である。(人から人には感染しない)

このツツガムシに刺されてしまった。
1日の夜にこの虫を捕獲。製版用のルーペで確認した。刺されたのは左足太もも付け根。
翌日は木曜日。我が県ではほとんどの医院は休診日。ネットで調べると近くの公立診療所がヒット。すぐに出かけた。
「心配ないですよ。例えば蚊に刺されたからと言って日本脳炎になるとは限らないでしょ」
「ツツガムシって見た事ないんですよ」とドクターの言葉。
これで安心する患者もいるのかもしれないけれど、僕はとお〜っても不安になった。
2日(金曜日)皮膚科を受診。「先生、ツツガムシにやられました。これが採取した虫で、ここが刺された部分です」ドクターは「あちゃ〜っ!」のひと言。すぐに抗生剤を処方してくれた。この手の病気に効果があるというテトラサイクリン系抗生剤(ミノマイシン)である。リケッチアの発育・増殖を抑制する作用があるらしい。

通常は発熱して、インフルエンザと間違えられて、そのうちに発疹が出て、怪しいとなり、体全体を調べ刺咬部をみつけてはじめてツツガムシ病と分る事もあると言う。
なにしろ本人は刺されても痛さも痒さも感じないのだからたちが悪い。

皮膚科を終え内科を受診。これは数日前(ツツガムシに刺される前から)から体調が悪く血液検査の結果を聞くため。そこでツツガムシに刺されたことと皮膚科で処方された薬剤を報告。言われた事は「薬はしっかり飲んで下さい。今、症状がないからといって飲むのをやめるとヒドイ事になりますよ」とのこと。もちろんしっかり飲みます。
「ところでこれをのむことで運がよければ発症を押え込む事が出来ますか」と聞くと「もちろん」とのこと。あくまで運がよければ・・・。

|

« SUBARU R1(S)車検。 | トップページ | 果汁100%って。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/45549518

この記事へのトラックバック一覧です: 虫に刺される。:

« SUBARU R1(S)車検。 | トップページ | 果汁100%って。 »