« アルミのりんごマーク。 | トップページ | この夏の観光ポスター(福井県内)キャッチコピー。 »

2010/06/26

アルミニウムの筐体といっても・・・。

一部のMacはアルミニウムボディしかも一枚のアルミ板、板といってもアルミの固まりを削り出して作っている。
最近発売されたMac miniやMacBook Proはそんなボディをまとっている。Appleではそれをユニボディと言っている。
コンピューター制御によるCNC旋盤加工と言われているものだ。
継ぎ目のない奇麗な仕上がりだ。でもこの加工をみていると多量の水や研磨剤を使い削りとられた(クズ)のアルミ片の方がはるかに多いように感じる。これを再利用するんだろうが、う〜んはたしてこれがAppleの環境への取り組みに有効に機能しているのかどうか疑問に感じてしまう。

Img_2133さて今日のこの写真はTechnicsのFM/AM Tuner ST-C 01である。このボディよく見てください。まるでCNCマシンで削りだしたような美しいボディです。
最近発売された新製品!
・・・ではありません。なんと1979年製。すでに30年以上の時を経ています。だから当然CNCマシンで作られたものではなくアルミダイキャスト(金型鋳造)です。当時はとてもお金がかかった筐体製作だったのだろうと思います。内部は基盤等が天井からつり下げられている構造で当時では珍しい構造(いまでもだけれど)。
しかも故障等全くありません。
当時コンサイス辞書(A4)サイズでつくられたもので、高さ(アルミの部分)が43ミリです。ずっしり重い2.9kg

余談ですがCanonnの一眼レフカメラEOS 50D・40D・20D・7Dなどマグネシウム鋳造ボディです。よく知られているトミカ(ミニカー)は亜鉛ダイキャストです。これらもCNC旋盤加工だったらコストは別として精度がよくなるのでしょうか?
そして環境への影響は果たして・・・・?

|

« アルミのりんごマーク。 | トップページ | この夏の観光ポスター(福井県内)キャッチコピー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/48728620

この記事へのトラックバック一覧です: アルミニウムの筐体といっても・・・。:

« アルミのりんごマーク。 | トップページ | この夏の観光ポスター(福井県内)キャッチコピー。 »