« 「眠り」と「うなぎ」の関係。 | トップページ | 外付けHDD転倒防止。 »

2010/12/04

NHK連続テレビ小説「てっぱん」

尾道であかり(ヒロイン・村上あかり)の産みの母・千春が残した手紙が見つかった。
その文面は

あかりと、
 お母ちゃんのお好み焼きを食べたい
というもの。
さあー視聴者の方はこの文章どのように解釈したのでしょう。

「あかりと一緒にお母ちゃんのお好み焼きを食べたい」なのか「あかりが焼いたお好み焼きとおばあちゃん(千春の母・あかりのおばあちゃん)の焼いたお好み焼き両方を食べたいのか」

あかりがこの手紙を読んで言った言葉は「うち、食べたよ、おばあちゃんのお好み焼き。ありがとうおかあさん」でした。

ドラマでは、あかりの焼いたお好み焼きとおばあちゃんの焼いたお好み焼きを、一つの皿にのせて仏壇にお供えしていました。

「あかり、お母さんのお好み焼きを食べたい」下線部の「と」(並立助詞)をどのように捉えるか。

|

« 「眠り」と「うなぎ」の関係。 | トップページ | 外付けHDD転倒防止。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/50211938

この記事へのトラックバック一覧です: NHK連続テレビ小説「てっぱん」:

« 「眠り」と「うなぎ」の関係。 | トップページ | 外付けHDD転倒防止。 »