« 拾得物。 | トップページ | 月見御殿址。 »

2011/02/18

融雪剤は本当に必要なのか。

Img_2604路肩にたまっている黄色いものは「*融雪剤・凍結防止剤」といわれているものです。
通常の融雪剤は白いモノが一般的ですが、こういう黄色のものもあります。

写真は昨日のものです。
この融雪剤はなかなか解けずにいまだにこの状態です。ヒドイ時は固まりになっています。
これでも何度か雨にさらされ少なくなったのです。

ここ数年除雪するのが面倒なのか、めったやたらに融雪剤を撒いています。
撒けば融ける→凍るの繰り返しになるんじゃないのかと思ってしまう。

子供の頃やりましたよね。糸で氷を釣る方法。
糸を氷の上にたらしそこに少量の塩をかけて糸をそっと上げると氷が持ち上がります。
これは塩が氷の表面を融かし、融かす為には回りの熱を奪い氷の温度が下がるので凍ってくっ付くんでしたよね。
うろおぼえなので間違っているかもしれませんが、そんな原理だったと思います。
この原理でいけば常に撒き続ける必要があることになってしまいます。
本当のところはどうなんでしょう。

*融雪剤の主成分は塩化カルシウム(塩)

|

« 拾得物。 | トップページ | 月見御殿址。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/50907430

この記事へのトラックバック一覧です: 融雪剤は本当に必要なのか。:

« 拾得物。 | トップページ | 月見御殿址。 »