« カメラ用三脚。 | トップページ | 一本の木からソメイヨシノとしだれ桜。 »

2011/04/06

小便小僧。

放射能の垂流し。まさか我が国がこんな愚行を行なうとはほんの数週間前には考えもしなかったこと。
隣国には知らせずに海へドボドボ流した。
プールや海水浴場でおしっこを垂れ流すのとはわけが違う。
政府はついに他を思いやることすら捨てた。

今後何世紀にもわたり日本は「放射能を垂れ流した」という事実を背負う事になる。
もっと小さな範囲で考えれば、福島県は日本全土に何の申し開きも出来ない事をしてしまった。
太平洋に向かい、まるで「さあ来なさい!」といわんばかりに大股を広げていた福島第一原子力発電所」
そんなスタイルを許していた地元。
震災による被害と同時に考えてはいけない。
そのつけが住み慣れた土地に入る事すら許されなくなった。

我が福井県も原子力発電所立地地域。同じ事が起これば(原発事故)同じ責任を負わなければならない。
原子力発電所を誘致するという事はもしもの時にその責任を負う覚悟が必要だ。
福島県民全員が原発誘致に賛成等はしていなかったのは当然のこと。
そんなことだれでも分かっている事。
最近の報道では原発誘致について「わたしは反対だった」「反対だとはいえない状況だった」という言葉が多い。
遅い!そんな言葉を今頃報道する方も馬鹿げているし今頃そんな事いう人も。
今の電力状況を見ると原子力発電所は必要だろう。
でもその発電所をしっかり管理するのはその地域の人であり政府なのだ。
遠くの人がそんなことをあれこれいってもポイされる。
原子力発電所が建設されれば地元が潤う。なにもなければそれは宝物を手に入れたようなもの。でも今回のような事になれば、その責任は地元の責任も無しとはいえない。そのつけは結局は国民全員が背負う事になる。
そして世界に対して日本国民は土下座をしてもその責任は免れない。

余談:福島第一原発の原子炉建屋ってまるではりぼてのように思えてしまう。立方体というのは均一の強度はない。「一応おもてから見えないように囲っておきましょう」的なものに思えてしまう。
津波が予想される地域にも関わらず、重要な設備は水没してくださいと言わんばかりに低い部分に集中。
これは災害時における設計に関しては欠陥発電所じゃないのか。
「一升枡には一升しか入らない」上からドボドボ水を入れれば溢れる事はアホでも分かる事。
なにか手品でこれを溢れさせないことができると言うのか。

放射能に汚染されたかもしれない野菜や魚に手がでないのはしかたないこと。それを非難する事なんて誰にも出来ない。悲しい事だけれど……。

|

« カメラ用三脚。 | トップページ | 一本の木からソメイヨシノとしだれ桜。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/51320523

この記事へのトラックバック一覧です: 小便小僧。:

« カメラ用三脚。 | トップページ | 一本の木からソメイヨシノとしだれ桜。 »