« 労働意欲減退音 | トップページ | 不可解な節電。 »

2011/07/12

かなり問題がある所のようだ。

NHK連続テレビ小説「おひさま」の舞台になっている長野県安曇野。

安曇野では秋になると爆音が轟くと言う。
役所公認のような書き方。
地域の皆さんにはその件理解せよと書いてある。
すみにくい所のようだ。

田舎に住もうと考えている方は要注意!
甘い地方の言葉につられて移住するととんでもない目に遭います。

安曇野っていい所のように思えたんだけれど、もしかして、と調べると「やっぱり」の感。

安曇野はゴミ処理施設の問題もあるようで、本来、住民の安全な生活を守るべき行政が業者側についているという話もあったりして……。
かなり問題がある所のようだ。

敦賀市のごみ処分場問題とはパターンが違うものとはいえ、自然豊かな所が敦賀のような国内最大の廃棄物と有害物質に汚染されない事を願う。

 ▶リンク先:安曇野市

|

« 労働意欲減退音 | トップページ | 不可解な節電。 »

コメント

ぷるさん

 私も安曇野はいいところだと思っていました。安曇野市のHPを見てびっくりしました。下記抜粋です。「安曇野で暮らす方のために」というようなタイトルがついていました。


・・・・・

「秋 ~Autum~

実りの秋

 秋になると、米・そば・果物など多くの作物の収穫がはじまり、直売所などもとくに活気を見せる時期を迎えます。ぜひ旬の味をお楽しみください。

爆音機

 秋になると田んぼでは、実った稲穂を鳥から守るための「爆音機」が仕掛けられます。これは爆発音を数分おきに鳴らすことで鳥を追い払うものです。音を鳴らす時間については、農家の皆さんにもご配慮いただいていますが、地域の皆さんもご理解を頂くようお願いします。
・・・・・

いったいどんな理解をしろというのでしょう?長野県は爆音機を原則使わないようにという条令があったように思うのですが・・・。行ってみたいと思っていましたが、完全にその気が失せました。

投稿: まりとむ | 2011/07/14 13:24

まったくビックリするような内容ですね。呆れてしまいます。
おそらく県に問い合わせても「市が地域の実情にあわせて云々……。」で逃げるんでしょうね。
自然が豊、景色がいい、空気がきれい、いろんな生き物とふれあう事が出来る、なんてフレーズが当てはまる所は「爆音」ももれなく付いています。「自然の中に轟く爆音をお楽しみください。ただし騒音被害については一切関知しません」というキャッチをつけたらどうでしょう。安曇野さん。 

投稿: プル | 2011/07/15 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/52191002

この記事へのトラックバック一覧です: かなり問題がある所のようだ。:

« 労働意欲減退音 | トップページ | 不可解な節電。 »