« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011/12/28

「わらって食べて・家族の願い」

「今日あのね!」いっぱい話そう‼ わが家自慢のお食事タイム!

これは我が町の「健康づくり標語」の入選作(9歳)である。なんとも感嘆符の多い、そんなに強調したいのかとも思うのだが、今日はそんな話題ではない。

作家、村上春樹が「村上朝日堂 はいほー!」新潮文庫/平成4年発行の中で「親と子が何でも話せる楽しい家庭」という標語(地元小学校の標語コンクール入選作品だという。)について書いている。

僕は「『今日あのね!』いっぱい話そう‼ わが家自慢のお食事タイム!」
という標語を見たときふとムラカミ先生の書いていた「親と子が何でも話せる楽しい家庭」という標語を思い出した。

20年も経てばその表現は現代的にはなっているものの、ムラカミ先生のおっしゃる(そのような標語に)「いったいどのような具体的効果があるのか」については20年経ってもなんの進化もない。

標語による効果を信じているオメデタイやつらがいるから毎年好例のおせっかいが標語が氾濫する。

「健康づくり標語」の入選作には次のようなものもある。

「わらって食べて 心も体も 元気もりもり」

「健康と笑顔は みんなの宝物」

以上小学生

「健康は 食に感謝の 心から」

「健康は しあわせの原点 家族の願い」

以上一般

もう、空しくなってくる。
「はいはい、どうぞ勝手に唱えていてください」

みなさんはこれらの標語から何を得ましたか。
僕は、彼らはいったいなにを伝えたいのか分からなかった。

「平板文学」というジャンルを作ったらいい。
一般的に考えると難しそうだがなんのことはない。標語を作ればいいわけである。

ムラカミ先生は標語は「情報ですらない」とおっしゃる。
そう、味わいも、感動も、情報もない「平板文学」単語をならべるだけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/22

Audi用エンブレムをR1に。

Img_3426

このエンブレムはAudiの本国純正SUPERCHARGED・レッドエンブレムです。
これと同じもので赤い部分がカーボンになっているAudi S4
SUPERCHARGEDカーボンスタイルもあります。
レッドは¥3,675 カーボンは¥5,670です。
カーボンって高いのですね。約2,000円の差は大きいです。
そんなわけで安いレッドを買ってカーボンスタイルにしました。
以前サンプルでもらっていたダイノックフィルムです。
下の写真がカーボン仕様にしたものです。

Img_3428

レッドの上に貼るだけです。
よほどカーボンフェチでない限りこれで十分です。
エンブレムの材質は樹脂です。一見アルミかステンに見える半つや消しのシルバーメッキです。
そしてこれをSUBARU R1(S)のフロントに取り付けます。

Img_3445

R1-Sの斜体と角度も同じで、まさにここに貼るべくして作られたようなエンブレムです。
唯一ドイツ製のパーツがR1に装着されました。

Img_3451

Sの中の黒のシール。適当に切りぬいて見た目を検証。う〜ん?無い方がいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/17

デュアルディスプレイ。

Img_3409

Mac miniは簡単にデュアルディスプレイにすることができる。
メインをMini-DVIポートに接続しているので、サブをMini DisplayPortに接続(Mini DisplayPort to DVI Adapterが必要)した。
使っていて気になったのはサブのディスプレイを使わなくても(電源を切っていても)PCはサブを認識していると言う事。
だから使っていないサブディスプレイの方に書類やポインターが入り込むと迷子状態になる。
ミラーリングを使えばいいわけだけれど、問題が発生。
メインが21.5インチワイドでサブが17インチスクエアの為ミラーリングを開始するとメインの画面が扁平になる。
同じサイズのディスプレイを使えばいいんだけれどね。
というわけでいまだにSnow LeopardなんですけどLionからこちらに戻した方もいらっしゃるようですし、ま、現在これで困るような事もないので・・・。

Img_3423ますますゴチャゴチャになってしまったケーブル類。この机の下にもケーブルが・・・。
みなさんどのようにケーブル類を処理しているんだろう。
こういう部分って掃除がしにくいしホコリもたまる。以前ケーブルの上から掃除機使ったら画面が出なくて、調べるとケーブルが抜けていました。Mac miniのポートって抜けやすいので注意が必要です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

素直さの欠如。

「あけましておめでとう 使わない。」という検索フレーズが多い。
これは以前も書いたけれど東日本大震災などの被災者への配慮からきている。
ぼくはこのフレーズは正しくないと思っている。

多くの尊い人命と財産が失われたのに「あけましておめでとう」はないだろ。
そんな思いから「あけましておめでとう 使わない。」と検索する。
「みんなどう考えているのだろう、そして他に何かいい言葉がないのか。」
検索の目的はそんなところだろう。

こんな時だからこそ「おめでとう」と言うコトバが大切なんじゃないだろうか。
被災地にだって小さな「おめでとう」はいっぱいある。
誕生日だったり就職が決まったり子どもが生まれたり、たくさんの「おめでとうがある」

新しい年が明けた事に対して祝う気持ち「おめでとう」の気持ちは素直に表していい。

一部のマスコミにより作り上げられたコトバの偽善者的発想。
新年のテレビの挨拶はみんな何と言うのだろう。
NHKニュースなどの第一声は?
例年だと「新年あけましておめでとうございます」と言っていたように記憶している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/14

R1(S) スタッドレスタイヤに交換

Img_3402天気がいいうちに冬タイヤに交換。

スバルR1のジャッキ(フロント)はここにかけます。
R1はこの指定ポイントのミミの部分が曲がりやすいので注意が必要です。
使用しているジャッキはカヤバのシザーズ油圧ジャッキです。
車体に触れる部分にはゴムのパーツがついているので傷がつかず、しかもボディと同じ形状の切り欠きがあるのでミミも曲がりません。

Img_3404ジャッキアップしたところです。

タイヤはブリヂストンPlayz PZ-XC 155/60R15と純正ホイールです。重量は12kg。


Img_3406 タイヤ(ホイール)を外したところです。


Img_3407冬タイヤを装着しているところです。

タイヤはブリヂストンSTUDLESS BLIZAK MZ-03 155/65R14で無名ホイール共の重量は12.3kgです。ローテーション(後輪に使っていた物をフロントに)しました。まだ溝もバッチリ残っています。

空気圧を調整して冬走行の準備万端です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/12

荷物が届かない。

宅配便が届かない、なんてことは今まで経験した事がなかった。

お届け予定日時を24時間以上過ぎても届かない。
ネットで調べると「配達日・時間帯指定のため担当店にて保管しております」となっている。
電話で問いあわせても「お調べします」と言ったままいっこうに電話がこない。

配達日時を29時間も経過しているのだから「忘れ去られた荷物」になっているのは確実。
ミスならミスでさっと認め謝罪し至急配達すればすむこと。
それがなかなかそうはいかなかった。
返事がないので問い合わせると相手はいつもちがうオペレーター。同じ説明を繰り返す事になる。
4回問い合わせなんとか一時間以内に配達する事になったけれど・・・。

これでお届けものの賞味期限が限りなく短くなってしまった。
あきらかに契約違反なのに、宅配業者は何の不利益も被らず顧客のみ不利益を被る。
そしてそれはどうしょうもないこと。
疲れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/02

農業用(鳥獣用)爆音機問題を考える。

昨日は「農業用(鳥獣用)爆音機」停止に向けた高知新聞の記事を取り急ぎ掲載した。
有志で「爆音機を考える会」を結成し地域で聞取り調査などをしてきたという。
その活動の一つとして会は「ニュースレター(若い方にはフライヤーと言った方がわかりやすいかも)」を配布している。
その会のまりとむさんに送っていただいたので、内容をかいつまんで以下に書く。

【現状報告】
県・市・JA等関係機関が農家と共に、地域の環境および住民の健康被害を考え、農作物を鳥獣害から守る対策に取り組んだ結果、鳴っている爆音機の数は激減した。
爆音機を使わず、ネットやテグスを張ったことが結果としてカラス被害激減につながった。

爆音機は全国的に住民とトラブルになりがちだが当地区の取り組みはめざましい成功例となるようで、NHK地元枠で9月30日に紹介された。その中で①従来使われていた爆音機には撃退効果がないこと、②騒音により周辺住民の生活環境を悪化させていたこと、③ネットやテグスを張ることでカラス被害がほとんどなくなったこと。などが紹介された。同趣旨のことが先の高知新聞にも記載されている。

【経過報告】
市議会の動き:爆音機の使用を禁止する条例制定を市議会に要望。
市や県、梨組合がこの問題に抜本的に取り組む姿勢が明確になってきたこともあり、必要と判断した際は改めて条例制定を求めるという書状を全議員に渡した上で、ひとまず状況の推移を見る。

県は市と連動し当問題解決のための対策をとろうとする動きが明確になった。

近隣自治体:隣接する町でも爆音機が使用されているため協力が不可欠であるためお願いした。

カラス対策協議会と研修会:外部から鳥獣対策の専門家を招き、講演・質疑応答による研修会を開催。
関係者から明言されたのは「カラスによる農作物の被害が深刻である。一方でカラス対策用の爆音機による騒音が周辺の環境を悪化させ、ひいては健康被害が発生し社会問題化している。この問題の抜本的な解決をめざす」

【今後の取り組み】
現在爆音機はほとんど鳴らなくなりつつあるが、状況は流動的である。
数は減ったが、いまだその音に苦しめられている方々を孤立させることなく、皆が苦しまなくてすむよう関係者と引き続き協力しながら活動して行きたい。

裏面には、「カラス対策協議会と研修会報告」資料と農家の方を含む全ての方への御礼とコメントが添えられている。

以上、端折ったので本来の文面・書式とはかなり違うことをご了承ください。間違い等ありましたらご指摘ください。

地域により条件が違うが一つの例としてとても参考になるのではないだろうか。
新聞にも書いてあったが「住民と一緒にカラス対策をすることで地域の交流も進んだ……。」こういうプラスの面も現れるわけです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/12/01

農業用爆音機〝ナシ〟へ! すばらしい取り組み。

農業用爆音機の騒音に悩まされてきた高知市(針木地区)では〝脱爆音機〟に向けたすばらしい取り組みが行なわれている。
このWeblogにもよく書き込みされている、まりとむさんたちの努力の成果だ。

Img_3390

11月29日の高知新聞(夕刊)に「針木ナシ園・爆音機〝ナシ〟へ」という見出し
その取り組みがくわしく紹介されている。
近隣住民を悩ましてきた爆音機の音。
今年5月に地元のナシ組合と自治会などがカラス対策協議会を結成。市職員と現地調査もして、爆音機に頼らない対策を検討したというもの。
ナシ園ではネットを張ったり農家以外の住民も見回りに協力した結果、努力が実り昨年は地区全体で約3万個に上ったナシの食害が今期は約1万個にまで減り被害金額にして約1千万円分が減少したという。

今期、組合内で最後まで爆音機を使っていた農家も来年には使用を止めるという。

住民のつながりも期待でき、生産者だけでなく地域ぐるみで地元農産物を育てるという好例。

高知新聞のWeb版ではリード文のみが掲載されている。

新聞はまりとむさんが送ってくれました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »