« 宵越しの金は持たぬ。 | トップページ | ペットの迷子札。 »

2012/02/09

鳥獣用爆音機に頼らない農業へ。

写真は「日本農業新聞」2月1日(1面)のものです。
高知市の爆音機による騒音害をうけて、爆音機にたよらない農家の取り組みが紹介されている。
(写真はクリックで拡大)
まりとむさんから送っていただきました。
全国紙ですので図書館や市役所などでも読むことが出来ると思います。

Img_3538

この地区は梨の産地でカラスによる被害が拡大していた。この件については昨年12月に「高知新聞」に関する記事でも書いた

爆音機の『苦情より、梨を食べられる恐怖で爆音機を手放せなかった』という文言も。
「被害拡大に伴い爆音機も増えていった」とも。
爆音機による効果についての記載はないが、そのあやしい爆音機よりも効果的な対策として多くに人に知ってもらうことができるだろう。

爆音機による効果については僕の県でもその実証はなく「野生鳥獣被害防止マニュアル」の中に「被害防止策の一つとして爆音機による威嚇があげられる」という一言で防除効果があると思い込んでいる。

一向に減らない害獣被害。隣の地区ではこの冬に金属製の恒久柵の設置をしたという。
爆音機騒音苦情があったからの対策なのか、それともこれまで爆音機を使ってきたがその効果が芳しくなかったからなのかは分からない。
いずれにしても爆音機に頼らない対策に向かえばそれはうれしいことだ。

2012/02/12追加記載
まりとむさんからのコメントを本文にも記載した方がよく目につくと思い、ここにも再掲いたします。

↓↓以下まりとむさんからの補足。↓↓

 新聞記事には載っていませんが、実は、「爆音機には効果がなかった」と梨組合長は発言しています。また、効果がないことを記者も知っていましたが、記事にできなかったようです。新聞社の意向かと推察しますが・・・。組合長、、私たち住人、記者、みんなそのことを残念に思っています。でも、これからです。まだ書く機会があるそうです。

 私の方からも、今回の記事に関して記者に抗議をしました。それは、一読すると、農家の人達が主体的に動いたから事態が変化したかのような書き方であることと、住民がカラス撃退パトロール隊のようなものを作って農家に協力していることが重視されているからです。実際に爆音機に悩まされている方は容易に想像がつくと思いますが、住民は役所だけでなく何よりも爆音機を使用している農家に当然苦情を訴えています。取り合わない、無視する、逆ギレする等々がほとんどの農家の対応でした。昨年でも、爆音機の中止を求めた住民に、「中止して欲しければ早朝から畑に来て毎日カラスを追い払え」、と言った農家もいます。これに類したせりふは数え切れないくらいあります。皆様の地域でも大差ないと思います。そのような状況で、住民がカラス撃退に参加していることが重視されると、「爆音機を停止して欲しければ高知のように住民がカラスを追い払うよう協力しろ」などという農家が出る恐れがある、ということを抗議しました。記者の方には理解していただきました。今後留意していただけると思います。

 また、爆音機の音の特殊性が理解されていないことも抗議しました。通常の騒音ではないことは皆様ご存じの通りです。

 以上が主たる抗議内容です。長くなりますので、記事の補足コメントだけにさせていただきますが、お伝えしたいことはまだいろいろあります。爆音機を停止に持っていくための活動のノウハウのようなものでしょうか。そんなにたいしたものではありませんが、どういうことが効果があったのかを今後少しずつ発信していけたらと思います。


|

« 宵越しの金は持たぬ。 | トップページ | ペットの迷子札。 »

コメント

プルさん

 新聞記事をアップしていただいてありがとうございました。少し補足が必要と思いながら、年度末で仕事がばたばたしていて遅れました。私たち同様、爆音機に悩んでいる人達のお役に少しでも役立てばと思い、プルさんの手を借りながら情報を出しています。

 新聞記事には載っていませんが、実は、「爆音機には効果がなかった」と梨組合長は発言しています。また、効果がないことを記者も知っていましたが、記事にできなかったようです。新聞社の意向かと推察しますが・・・。組合長、、私たち住人、記者、みんなそのことを残念に思っています。でも、これからです。まだ書く機会があるそうです。

 私の方からも、今回の記事に関して記者に抗議をしました。それは、一読すると、農家の人達が主体的に動いたから事態が変化したかのような書き方であることと、住民がカラス撃退パトロール隊のようなものを作って農家に協力していることが重視されているからです。実際に爆音機に悩まされている方は容易に想像がつくと思いますが、住民は役所だけでなく何よりも爆音機を使用している農家に当然苦情を訴えています。取り合わない、無視する、逆ギレする等々がほとんどの農家の対応でした。昨年でも、爆音機の中止を求めた住民に、「中止して欲しければ早朝から畑に来て毎日カラスを追い払え」、と言った農家もいます。これに類したせりふは数え切れないくらいあります。皆様の地域でも大差ないと思います。そのような状況で、住民がカラス撃退に参加していることが重視されると、「爆音機を停止して欲しければ高知のように住民がカラスを追い払うよう協力しろ」などという農家が出る恐れがある、ということを抗議しました。記者の方には理解していただきました。今後留意していただけると思います。

 また、爆音機の音の特殊性が理解されていないことも抗議しました。通常の騒音ではないことは皆様ご存じの通りです。

 以上が主たる抗議内容です。長くなりますので、記事の補足コメントだけにさせていただきますが、お伝えしたいことはまだいろいろあります。爆音機を停止に持っていくための活動のノウハウのようなものでしょうか。そんなにたいしたものではありませんが、どういうことが効果があったのかを今後少しずつ発信していけたらと思います。

投稿: まりとむ | 2012/02/11 18:51

プルさん

 表に出していただいてありがとうございました。これからも少しずつでも役に立ちそうな話があればしていきたいと思います。

 最近分かったのは、爆音機に効果がないことを知っている人はやはり農家も含め、役所や農業の専門か等、農業関係者に多いのだけれど、皆爆音機を使っている農家を説得できなくて手を焼いているふしがあることです。
それがどうやら私たちの活動が注目されている一因のようです。皆様、声を上げながら頑張りましょう。

 

投稿: まりとむ | 2012/02/12 23:07

まりとむさん。

爆音機の効果については農家の方も薄々気がついているんじゃないかと思います。
毎年爆音機使っていていっこうに被害が減らないのはその効果があやしいからですが、あのすごい音で効果がないはずがないという長年使ってきたプライドもあるのかもしれません。

新聞には爆音機の効果を直接否定する文言はありませんが、爆音機騒音被害で迷惑していた人々がいるという事実が表に出たのは収穫です。
発行部数約40万部の日本農業新聞。その性格から読者の多くは農業関係者。爆音機を否定し反感を買うのは避けなければならないし事実を公開しなければならない。こういう記事を書くのはなかなか難しいところもあったのかもしれません。
事実の影に隠れた真実もあるということですが、そこまではなかなか……。

投稿: プル | 2012/02/17 22:22

プルさん

 以下、本文にあげていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 プルさん

 爆音機を使い続ける農家の思考というのは、同じ農家から見ても理解できないようです。ともあれ、爆音機の停止に向けて一緒になお努力したいと思います。とりあえず、以下のことを述べさせていただきます。


爆音機に悩まされている皆さんへ

 完全ではありませんが、今のところ爆音機を停止させることができています(一応例年も比較的静かな時期のようですが)。今回の件で、役に立ったあるいは皆様に少しでも役立つかも知れないと思える情報を少しずつ発信したいと考えます。地域も含め取り巻く状況はさまざまだと思いますので、そのまま通用するかどうかは分かりませんが、こちらで重要と思える点は以下の4点です。今後、順次説明していきたいと思います。

1. 爆音機に鳥獣追い払い効果があるかどうかを論点にしないこと
2. 住民の被害状況に関する情報を農家や役所に提示すること。これが農家にとってインパクトが大きく、爆音機を停止することにつながりました。
3. 少人数のメンバーでもかまわないから「・・・会」のような団体名をなのり農家や役所と話すこと。
4. 農閑期で農家が比較的余裕がある今の時期に役所や関係者に、来たるべき爆音機シーズンに備えた対策を考えてもらうこと。そのために働きかけること。

以上ですが、詳しい内容は今後一つずつ話させていただきたいと思います。

投稿: まりとむ | 2012/02/18 12:56

まりとむさん。

アドバイスありがとうございます。
スレッドが長くなって見にくくなったので新たに記事にしました。
2012/02/18「爆音機に悩まされている皆さんへ」

投稿: プル | 2012/02/18 23:14

プルさんと他の関心を持ってくださる方へ

 少し体調を崩して寝込んでいます。たいしたことはないのですが、身体を起こすのがやや苦しくてものを書きにくいので続きの記事は少しお待ちいただけたら幸いです。

投稿: まりとむ | 2012/02/20 21:31

まりとむさん

今年の冬は寒さが厳しく、風邪などで体調を崩される方も多いようです。
お仕事もあり気も休まらないかもしれませんが、
ここのことは気になさらないで、どうぞゆっくりご静養ください。
お大事にしてください。

投稿: プル | 2012/02/20 22:42

景気良くどんどんうってるよ

投稿: ノーカ | 2012/04/07 11:10

ノーカさん
意見がおありならしっかり書いてください。
こういう書き込みは当記事に対するいやがらせと思われてもしかたありませんよ。
今後同様の書き込みがあった場合IPを禁止リストに加えIPアドレスを公開します。
ここは無料Weblogではないのですから。

投稿: プル | 2012/04/07 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/53940978

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥獣用爆音機に頼らない農業へ。:

« 宵越しの金は持たぬ。 | トップページ | ペットの迷子札。 »