« ダイハツのユーザーは心が広い・・・? | トップページ | 養浩館庭園(福井市) »

2012/09/05

大人から子供になったマツダ。

「柔肌の 熱き血潮に 触れもみで 寂しからずや 道を説く君」
与謝野晶子の*短歌である。
意味は面倒だから省く。

これ最初に聞いた時、エロなのかおふざけなのかと思った。
それは昔サントリーワイン「レゼルブ」のCMに使われていたからで、五輪真弓がこれに曲をつけ中本マリが歌っていた。

そしてそのCMが忘れられた頃にマツダがRX−7のCMにこの短歌を使った。
「やわはだの あつきちしおに ふれもみで さびしからずや みちをとくきみ」と女性の声でナレーションが入る。
ニタッ!としてしまった。

RX-7のCMは好きで、枯れ葉を巻き上げて走っていくシーンなんかとてもよかった。

でも*「Zoom-Zoom」って言いだしてからマツダは大嫌いになった。
世界一嫌いなCMになってしまった。

 *歌集「みだれ髪」
  *Zoom-Zoom 英語の幼児言葉。日本では「ブーブー」という幼児言葉にあたる。

|

« ダイハツのユーザーは心が広い・・・? | トップページ | 養浩館庭園(福井市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/55590160

この記事へのトラックバック一覧です: 大人から子供になったマツダ。:

« ダイハツのユーザーは心が広い・・・? | トップページ | 養浩館庭園(福井市) »