« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012/11/29

iPod touch 5

Img_3943_2
iPod touchは以前からほしかったんだけれど、カメラがしょぼかった。
で、第5世代の発売をずっと待っていた。

デザインはそれほど新しい印象はなく、いまだ時々使うPower Book G4 12-inchのディスプレイ部分のようだ。

ただ厚みが6.1mmとかなり薄く机の上からつまみ上げにくかったりもする。
重さは88gで軽いのだけれど薄い筐体なのでずっしり重く感じる。

4インチのRetinaディスプレイはとても美しい。今使っているPC用のモニタより美しく映ってしまう。
無料のレーザー刻印も入れてもらった。

チョコ(ネコ)が「ニャー」とSiriに問いかけたら「なんとおっしゃったのかわかりませんでした。」と回答。ま、僕の問いに対しても「○○が理解できません。でも、WEBで検索できますよ。」と変なアクセントで逃げられてしまう。
Siriと会話するのは空しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/26

敦賀湾をパノラマ撮影。

Img_0014敦賀の気比の松原です。パノラマは左から右にパンしたので明るい中央部が白く飛んでしまった。HDRモード撮影すればよかったのか?

Img_0017敦賀市の金ヶ崎緑地公園。冬の午後、影が長くなってきた。

Img_0019同じ公園のボードウォーク、ボードデッキから海側を撮影。昨年9月ジンベイザメが現れた場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/21

iPod touch パノラマ撮影。

Img_0002
晴れたので福井県立博物館までドライブ。
写真は北陸自動車道杉津PAからのもの。(クリックで拡大)
iPod touchを使ってはじめてのパノラマ撮影。
カメラ(iPod touch)のシャッターボタンをタップして左から右にスライドさせる。
通常のカメラではシャッターを開いたままこんなことやったらブレブレ。
こんなやりかたで本当に写るのか半信半疑だったけれど、おーなかなかのもんじゃないか。

Img_0004
もう一枚は福井県立博物館中庭からグルッと撮影。一部白飛びしたけれど面白い写真になった。

博物館では「泰澄ゆかりの神仏」と「越前狛犬」の展示を見てきた。
狛犬をこんなところに持ち出してもいいのかとも思うのだけれど・・・。
狛犬は邪気を祓う意味があるそうですが、狛犬を貸し出した神社は邪気素通りですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/19

突然玄関のカギが壊れたら・・・。

Img_3929
我が家で一番最初に紅葉するのが「ニシキギ」です。
赤くなった葉もきれいですが実もこんなに赤くなります。

季節の話題もいいのですが、夜間に玄関ドアの鍵が壊れました。
ロックできなくなりました。
分解してみると内部部品の破損。金属疲労というやつです。
30年も使っているので寿命ですね。
普段何気なく使っている鍵が突然壊れるというのは不安です。
夜間なら眠れないだろうし、外出もできなくなります。
気にせずに木刀かかえて寝ましたが・・・。
最近は24時間サービスのショップもあるようですが、いいお値段がしそうなので翌日ホームセンターで新しいものを買ってきて取り付けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/07

あわや巨大廃墟に!

敦賀市にあるショッピングセンターが今年の4月に閉店した。
ここ数年、空きテナントが増え休日でも人はまばら。
人のいないフロアに照明が点いているのは哀れであった。

秋にリニューアルオープンするとはいうものの、インフォーメーションで尋ねてもその時期は曖昧。
もしかしたら市内に巨大な廃墟が出現するんじゃないのか、とまで思った。

そしてこの秋、もともと地元企業と折半で運営していた愛知県の大手流通企業がすべてを購入し、総合スーパーの大型店がオープンした。

あまりぱっとしない食料品売り場だったが大手の直営になり、やっと昭和の悪夢のような暗さが無くなった。
冬の雪の降る時にここにくれば一時その暗い日本海側の小さな街にいることを忘れられるかもしれない。

Img_3574
写真上は今はなきショッピングセンター「ポー・○○」今年3月の様子である。

下は新しくなった現在のショッピングセンター。上とほぼ同じ場所。

Img_20421

床は張り替えられ綺麗な艶がある。空調設備もすべて新しくなったようだ。中央の丸くて赤い柱は銀色に。
一部鉄骨むき出しだった天井も綺麗に貼られて照明、冷暖房効率も良くなったようだ。
照明はLEDが多く使われ明るくて全く別の建物になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »