« 梱包、手抜き? | トップページ | 壊れたデスクライト。 »

2013/12/13

仕上げが変わったKeyboard

Img_4364
先日購入したApple Wireless Keyboard、今までのApple Keyboardにバッテリーの部分が増えただけで見た目は同じ。

写真左は今まで使っていたApple Keyboard 中央Apple Wireless Keyboard 右Magic Trackpad
でもこうやって打っていると何かが違う。コトコトと机の上でキーボードが弾ける音がする。どうやら脚部の形状が点接点から線接点に変わったためのようだ。

そしてアルミ筐体の強度が落ちている。シフトキーのあたりを押したときのたわみが大きくなった。
これがタイピング時のフィーリングを悪くしている。

アルミ表面の仕上げが粗くなった。まるでプラモデル用のスプレー(アルミシルバー)を吹き付けたような安っぽさだ。ブルーの囲み部分を拡大すると↓(右の方が荒い)
Img_4362
ま、こんなことあまり気にしないことなんだろうけれど、一番手に(指に)触れる部分だからここはカッチリ作ってほしかった。たとえ少し価格が高くなってもだ。


|

« 梱包、手抜き? | トップページ | 壊れたデスクライト。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89977/58750939

この記事へのトラックバック一覧です: 仕上げが変わったKeyboard:

« 梱包、手抜き? | トップページ | 壊れたデスクライト。 »