« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017/11/29

新しいプリメインアンプ。

YAMAHA A-S1100を購入しました。

Img_1128
CA-2000とよく似た音です。
RCAケーブルを使ったアンバランス接続しか使わないので、上級機A-S2100は必要ありません。
天然木突板張りが選べるのもこの機種のみ。ピーク /UV切り替え式レベルメーター(メーターの動作と照明をオフにもできる)もあり、このクラスになるとツマミもアルミ製になり、CA-2000と見た目の雰囲気が似ています。

不満なのはボリュームの目盛りが無くなったこと。モーター駆動のツマミは手で回すと、その感触にガッカリする。CA-2000のネットリとした高級感からは程遠い。

フローティングバランスアンプなので2.1ch(3D)で重低音のみを再生するサブウーファーを使う場合注意が必要だ。僕の場合古いNS-W1(スーパーウーファー)を使っているので、今までのようにミキシングアダプターを介してスピーカーBとして接続できない。試しに接続してみたが、低域が盛り上がった不自然な音。アンプにもよくない。
そこでPRE OUTのLまたはRにRCAケーブル一本で接続した。「えっ?」と思われる方もいるかもしれない。そうです。右または左どちらかの重低音しか再生されないわけです。で、左右入れ替えて聞いてみても、いささかくたびれた僕の耳ではその差が全くわかりません。
この接続方法は間違いではありません。ただ、聞くことにある種の拘りを持っている方からすれば正しくないのかもしれませんが・・・。

Img_1123
スピーカー(NS-10M PRO)のユニット取り付けネジを増し締めし、スーパーツイーター(FT90H)のアッテネーターをひと目盛り下げた。NS-W1もレベルを絞りYAMAHA A-S1100用のチューニングは完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/27

次に使うプリメインアンプは・・・。

7年前に修理した YAMAHA CA-2000(プリメインアンプ)が故障した。
今年10月事である。

右からの音が出ない。メーターで確認するとSP OUTで振れない。PHONESで振れるので単純な最終段の断線なのかもしれない。
前回はメーカでの修理が可能だったが、1977製造の僕のCA-2000は40歳。もう、メーカへ気持ちよく修理に出せる歳ではない。

持ち込んだ家電店では無理かもしれないけれど・・・。と言われ、20kgもあるアンプを持ち帰った。
一応現状保存。

そこで、アンプが必要になった。同じYMAHAのA-S801を購入して一週間使ってみて、

Img_1092
「何かが違う、何かが足りない」何だろう。モノが違うのだから仕方ないことを考慮しても、どうもしっくりこない。身内に聴いてもらっても「う~ん?」なのである。
で、気にくわないものは手元に置いておく価値なしと判断。売り払った。
少し高い勉強代を支払うことになってしまった。

次に購入したアンプは「これはちょっといいかも」と思っている。さて何にしたのかは後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/21

はじめまして、ノラネコのノコです。

Img_1085

今年四月頃からプルさん家の周りをうろついています。
エサももらっています。

今まで「チョコ」ちゃんというネコがいて、近づくと唸られていましたが、春先からその姿が見えません。
いつギャオー!と飛びかかってくるかと思うとビクビクしていますが、どうやらもういないようです。

夏前には首のところが膿んで、毛も抜けガリガリに痩せて酷い状態でしたが、今はすっかり良くなりました。

触られるのが嫌なのでいつも食い逃げです。

パンのミミが好きなので、朝はくれるまで窓の外で鳴き続けてやります。

今年の冬は食い物の心配はしなくてよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »