2017/11/29

新しいプリメインアンプ。

YAMAHA A-S1100を購入しました。

Img_1128
CA-2000とよく似た音です。
RCAケーブルを使ったアンバランス接続しか使わないので、上級機A-S2100は必要ありません。
天然木突板張りが選べるのもこの機種のみ。ピーク /UV切り替え式レベルメーター(メーターの動作と照明をオフにもできる)もあり、このクラスになるとツマミもアルミ製になり、CA-2000と見た目の雰囲気が似ています。

不満なのはボリュームの目盛りが無くなったこと。モーター駆動のツマミは手で回すと、その感触にガッカリする。CA-2000のネットリとした高級感からは程遠い。

フローティングバランスアンプなので2.1ch(3D)で重低音のみを再生するサブウーファーを使う場合注意が必要だ。僕の場合古いNS-W1(スーパーウーファー)を使っているので、今までのようにミキシングアダプターを介してスピーカーBとして接続できない。試しに接続してみたが、低域が盛り上がった不自然な音。アンプにもよくない。
そこでPRE OUTのLまたはRにRCAケーブル一本で接続した。「えっ?」と思われる方もいるかもしれない。そうです。右または左どちらかの重低音しか再生されないわけです。で、左右入れ替えて聞いてみても、いささかくたびれた僕の耳ではその差が全くわかりません。
この接続方法は間違いではありません。ただ、聞くことにある種の拘りを持っている方からすれば正しくないのかもしれませんが・・・。

Img_1123
スピーカー(NS-10M PRO)のユニット取り付けネジを増し締めし、スーパーツイーター(FT90H)のアッテネーターをひと目盛り下げた。NS-W1もレベルを絞りYAMAHA A-S1100用のチューニングは完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/27

次に使うプリメインアンプは・・・。

7年前に修理した YAMAHA CA-2000(プリメインアンプ)が故障した。
今年10月事である。

右からの音が出ない。メーターで確認するとSP OUTで振れない。PHONESで振れるので単純な最終段の断線なのかもしれない。
前回はメーカでの修理が可能だったが、1977製造の僕のCA-2000は40歳。もう、メーカへ気持ちよく修理に出せる歳ではない。

持ち込んだ家電店では無理かもしれないけれど・・・。と言われ、20kgもあるアンプを持ち帰った。
一応現状保存。

そこで、アンプが必要になった。同じYMAHAのA-S801を購入して一週間使ってみて、

Img_1092
「何かが違う、何かが足りない」何だろう。モノが違うのだから仕方ないことを考慮しても、どうもしっくりこない。身内に聴いてもらっても「う~ん?」なのである。
で、気にくわないものは手元に置いておく価値なしと判断。売り払った。
少し高い勉強代を支払うことになってしまった。

次に購入したアンプは「これはちょっといいかも」と思っている。さて何にしたのかは後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/04

CDを整理する。

3年前に「あまり聞かないCD」として段ボール箱に入れてあったCDを整理してBOOK・OFFへ持っていった。
雑誌数冊と合わせて4,880円で買い取ってくれた。レシートで確認するとCDは49枚あった。
もっと安くなるだろうと思ってたのでちょっと嬉しくなった。

サービス券950点ももらったので、目についた「MARI AMACHI(BEST OF BEST)」950円を購入。

Img_5119
EP盤でも何曲かは持っているけれどどこにしまい込んだのか所在不明になっている。

何年かぶりに聞いて、当時の低域部分のボンつきがわざとらしいレコーディングスタイルが妙に懐かしい。
当時、僕は芸術科の高校生だった。
毎日課題に追われ、クソ暑い夏休みにケント紙に向かい皿の中のポスタカラーを指で調合していた。
隣では天地真理の「恋する夏の日」が流れていた。もう40年以上前の話である。

「水色の恋・ちいさな恋・ひとりじゃないの・虹をわたって・ふたりの日曜日・若葉のささやき・恋する夏の日・・・」
BOOK・OFFの駐車場で即CDを挿入して気分はもう高校生である。
そしてまだ何点か課題を提出していないんじゃないのかと不安になる。事実卒業したのにも係らず今でも時々夢の中で課題製作にあせっている自分がいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/24

カノンコード。

iTunesのGeniusおすすめの楽曲を全曲プレビューでBGMとして聞くことがある。

で清田愛未の「星空のカノン」を聞いていて全く違うはずなのにiWiSH(川嶋あい)の「明日への扉」が頭の中で流れた。
えっ?なんで?である。
「星空のカノン」はよく知られているパッフェルベルのカノンに歌詞を乗せたもの。

「調べてみたらカノンコードというコード進行で多くのJ-Popにも使われているようで、もちろん「明日への扉」もカノンコード。以前書いたことのある「明日への扉」のパクリ(または逆)じゃないかと言われていたつじあやの「風になる」もカノンコードだそうで似ていて当然ですね。


清田愛未のアルバム「星の歌集」と「星空のカノン」に収められている「星空のカノン」はアレンジが異なっています。
どちらもDLしましたが後者の方が好みかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/31

意味、よーく考えてみたけれど。

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」が好評らしい。
何となく見ているけれど、最初の頃はあのオープニングテーマのすちゃらかサウンドを朝から聞くのはちょっと・・・。

Single挿入歌「潮騒のメモリー」いつのまにかこのWeblog左のiTunesのWeekle Chartで1位になっている。
「あまちゃん歌のアルバム別冊」の1曲目。天野春子(小泉今日子)¥250
購入してしまった。
歌詞はもうハチャメチャの感で・・・。
1987年の大ヒット曲という設定らしい。
そういう感じに聞こえなくもないけれど・・・。

iTunesで今まで購入した小泉今日子のものといえば「小泉今日子&大滝詠一デュエット・ヴァージョン(怪盗ルビイ)」だけだった。今聞けばあたりまえのことだけれど声が若い。


追加記入(2013/9/8)
この記事を書いた2日後くらいからiTunesのブロブパーツが作動しなくなった。もうずいぶん前にパーツの供給は終わっていたからいつ無くなっても不思議ではなかったのだけれど・・・。
とにかくこのままだとページが重くなって開きにくくなっていたので外しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/31

今日の曲。

iTunes Storeで「川嶋あい/ぼくたちの失敗」を購入した。森田童子の歌である。

僕が高校生の頃だったか、敦賀で森田童子に会っているはずなんだけれどその時の事がほとんど思い出せない。
当時、市内の文化会館だったか福祉センターホールだったかでコンサートがあり、その裏方でうろうろしたいた事があり、彼女のガラスのような壊れそうな小さな声に、なんだかとても腹が立った事をここ2日間考えてうっすらと思い出した。
暗いステージに大きな白黒の性別不詳の写真があり、ナレーターの「森田童子・森田童子・森田童子・・・。」という声がフェードアウトし前後して大きな雷が鳴り、ガラスのように繊細で小さな声で歌いだした。今思えば、くさい演出である。
どうやらそのあたりで僕の脳は溶けはじめたようで記憶が無い。


「ぼくたちの失敗」を他にだれが(カバー)歌っているのかiTunes Storeでさぐって聞いてみた。
その中でちょっとおもしろかったのが三吉田月の「PUNK!FLAVER」というアルバムに入っているもの。
もうこれは森田童子の世界ではありません。でも面白い。
その面白さにのせられて三吉田月「風になる」を購入してしまった。
先週「風になる」と「明日への扉」の「パクリ」等という多くのアクセスがあり、いったい何があったんだろうと思った。以前から時々起こる不思議な現象である。

 ★リンク先/wikipedia森田童子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/17

たまには・・・。

Img_3972気分をかえてFront RowでiTunesを再生している。
Lion以降のOSでは無くなってしまった。
ビデオは使わないので僕にはあまり必要ではないアプリケーション。
今気がついたんだけれど、これスクリーンショット使えないんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/11

久しぶりに楽曲を購入。

最近気がついたんだけれど、左下に入れているiTunesのパーツサービスがいつのまにか終了したらしく、どこをさがしても埋め込みコード(タグ)がみつからない。
ただ以前から使っているユーザーは現時点ではそのまま使えるようだ。
そういうわけでこのWeblogでは無事表示されている。
でも時々このパーツが原因でこのページの表示が遅くなるときがあるけれど……。

久しぶりに楽曲を購入。
松任谷由実の「恋をリリース」
先日NHKのSONGSで聞いて、過去にどこかで聞いたことがあるような気がするちょっと不思議な曲。
250円とちょっと高め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/09

労働意欲減退音

市町村防災行政無線というものがあります。
もちろん僕の住む地域にもあります。
他所では防災という大義名分のもとおバカな使い方により騒音被害が出ている所もあるそうです。
最初はうるさい設備ができたものだと思っていましたが慣れてしまいました。

現在はお昼前と夕方にへんなメロディーが流れています。
ま、そんなもの農家の使う爆音機に比べたら無いに等しいものではあります。

その防災無線のお昼前(11:30am)のメロディーがこの春に変更になりました。ご当地出身某大物歌手の曲で、曲自体はどーでもいいのですが、そのオルゴールっぽいメロディーがひどく間が抜けたアレンジなのです。しかも超スローテンポ。
もう力が抜けて労働意欲減退音でございます。

あ!もともと労働意欲のない僕には効果はありませんが……。

「みなさんぼちぼち(そろそろ)お昼ですので仕事は止めてお昼ご飯にしましょう」と言っているようです。どこかで牛が「モー」と鳴いて、のどかな田園風景が広がって……そろそろ昼飯にすっべ。

ま、それはそれでいいんですが、年間365回聞かされるわけです。そんなふざけた音ではありますが、何度も言いますが農家の爆音機に比べたら無いに等しいものではあります。そんな無いに等しいものではありますが、どうせ流すのならもっとセンスよく仕上げてほしかったものでございます。

    ♪♪♪♪
例えば京急線駅接近メロディーのように。
iTunes Storeで「京急メロディー」で検索すると出てきます。
試聴は30秒ですがほとんどが30秒以内に作られているので全曲聞けてしまいます。「全曲プレビューボタン」を押せば29曲が次々と……。 僕は三崎口駅上りホームの「岬めぐり」が好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/02

心の旅がはじまるカチューシャ。

AKB48の「カチューシャ」を昨日初めて聞いた。言葉をひと言一言プツプツと確かめるような歌い方は面白いし、歌いやすいかもしれない。
ちょっと昭和の雰囲気がする歌詞もなかなかいい。
そして気がついた事はこの曲にはチューリップの「心の旅」のメロディーが織込められているんじゃないのかということ。
僕のようなおじさんにはそれがかえって新鮮で「カチューシャ」が途中で「心の旅」に変わってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧