2017/05/07

季節の写真。

夕陽が海に沈む季節になった。

Img_0734_2
田んぼには水が張られている。


庭のボタンの花。独特の香りが漂っている。

Img_0708


日本シャクナゲは蕾のときのピンクがキレイ。開花すると白っぽくなる。

Img_0742
3点ともEOS M3 EF-M22mm 加工なし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/04

グレープフルーツ。枝もたわわに・・・!

昨年は3個実ったグレープフルーツ。
昨年の記事はこちら。

Img_0550
Img_0552今年はとんでもないことになっていて、枝が折れそうなくらい実った。

一つもいで食べてみたけれど、やはり早いようです。
このまま雪が降らなければ年明けには収穫できそうです。
柑橘類の剪定はよく分からないし、トゲが痛いので気が進まなかったのですが、春先に適当にやりました。適当で良かったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/10

超!強剪定(ツゲ)

Img_0320左の写真は剪定前。一般的な玉散らし仕立てのもの。
挿し木から育ててすでに樹高は2メートルを超えている。


Img_0323説明は不要だろうけれど下の写真は剪定後のもの。
春に一度剪定をしているけれど、あまり面白みがないので一気に、葉がほとんどないような状態まで剪定してみた。

夏だし、見た目に涼しげでサッパリした。

ツゲ(キンメツゲ)だからできる剪定です。
通常の剪定だと年に3〜4回の剪定が必要ですが、さて、この剪定だと次はどうなるのか予想が出来ません。

一番下の枝(玉)を見比べてください。まるで別の樹のようで・・・剪定後に笑いました。
今後はフリスビーのように玉を薄く仕立てていく予定です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/22

マキの剪定。

年に一度のマキ(イヌマキ)の剪定。
挿し木から育てたものです。
枝の状態がよくわからないくらいに茂っています。

Img_0314

樹高は2m30cm~2m60cm位です。
5本あります。
目標はこれを1時間以内にヘッジトリマ(電動)を使って一気に仕上げること。
で、徹底的に短く仕上げます。当然この時期の剪定ですので実はあきらめます。

作業後の写真は下。

Img_03161

秋には長く出た枝を切り詰めるだけです。松にくらべると、とても楽な樹です。

ヘッジトリマの使い方は普通は左右に動かして切るようですが、僕は刃は水平のままで上下に垂直移動させて玉作りの枝を仕上げます。普通の剪定方法だと2時間はかかるでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/03

サツキ(皐月)の小品盆栽

この2鉢のサツキはもともと一本だったもの。

Img_0296
左がもとの木で、その上部をポキッと折って挿し木したモノが右の鉢の木です。
母が公民館講座だかなんだかで変な仕立て方を習って、とてもひどい姿だったのです。
この左の方は6年前と5年前にも記事にしていたので、その成長もみてください。

2010/06/04の記事はこちら
2011/05/29の記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/25

野山を散策。

桜が終わりツツジが咲き出した。
写真は「ミツバツツジ」と「コデマリ」

Img_0219

昨日から黄砂で霞んでいます。

山の中で腐生植物の「ギンリョウソウ」を見つけました。漢字で書くと「銀竜草」

Img_0224
白くて薄気味悪い植物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/05

フジイランの花。

今年はフジイランが少し早く咲きました。

Img_5505

2007年の姿はこちら
当時から一度も植え替えしていません。
ほぼ放置状態。夏は木陰に吊るし冬は洗濯場に吊るしています。
肥料は年に数回液肥を与える事もありますが・・・。
とても育てやすいのですが、とても成長が遅いようです。
画像検索しても小さな物ばかりなので、これでも大きい方なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/26

グレープフルーツ。

もう5、6年ほどまえになるだろうか。家人が買ってきたグレープフルーツの苗木。

Img_5465
安かったというが、根元に虫が齧った跡があり、ほじくると幹中程まで食されていて、これはもう枯れるだろうと思ったけれど、すくすく成長し3メートル近くなった。冬の寒さにも耐えてきた。寒さに弱いと言われているけれど、毎年雪に埋もれている。ネットで調べると−3℃が限界だとか。

Img_5460寒い日本海側の積雪地帯で、実がなるどころか生育など不可能だと思っていたけれど、葉っぱをかきわけてみると3個の実がなっている。
このままの状態で来年まで放置すべきか。年末に収穫して追熟させるか。とは言ってもサルに盗られなければということだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/28

彼岸花がおかしい。

Img_5327

燃えるような赤い彼岸花が少なくなってきたように思える。
以前は一面真っ赤だったのに、どうも赤に元気がない。
写真のようにピンクのものや白っぽいものをよく見かける。
調べると原因は除草剤による色素異常のようでもあるのですが、除草剤だけの影響なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/22

ギンモクセイとクチナシの花。

庭にギンモクセイとクチナシの花が咲いている。
どちらもいい香りがする。

Img_5325

えっ?と思われた方もいらっしゃるはず。

クチナシの花は夏の初めに咲く花。
シトシト雨降る梅雨に香る。

夏に剪定をしたのでもう一度花を咲かせた。

これから暑い夏を迎える。
セミの声、夏休み、お盆、海。
そんな、ほんの少し過去の懐かしい香りだ。

懐かしい香りだけれど、本当は来年の初夏に香るはずの花。
かなり早く咲かせてしまった。

季節は秋を迎える。
もう暑くはならない。

ツクツクボウシが終わった夏を惜しんで鳴いている。

クチナシの香りが3ヵ月前の夏の初めを思い出させる。

カナカナカナ、ヒグラシが夏のはじまりを告げている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧