2017/03/01

チョコ(ネコ)が亡くなりました。

2011年6月に甲状腺機能亢進症を患った後も元気で、毎日朝晩の薬もきちんと飲んでくれました。
昨年秋に胆嚢炎で4日間入院しましたがその後は元気でした。

Img_4482

あれっ?と思ったのは2月14日。吐いた後、食欲がもどらない。喉の辺りを触ると、ギンナンくらいのしこりがある。
翌15日かかりつけの動物病院で検査。喉に1センチの腫瘍のようなものがある。昨年の秋の写真では異常はない。
喉の辺りはよく触っているけれどこんなに急に腫瘍ができることってあるのか。
細胞検査の結果は「上皮性悪性腫瘍病変疑い『粘膜上皮細胞が得られており、一部の細胞がやや強い異型性を示していることや腫瘤が確認されていることなどから、気管を由来とする腺癌が疑われます。』」というもの。

気管が圧迫され狭くなっている。場所的には手術不可能。

2月15日から17日まで入院。食欲が戻りホッとするが、22日から食欲が落ち翌日からはまったく受けつけなくなる。
時々咳きこみ苦しそうであった。

2月27日腫瘍の大きさは約2.5センチ。動物病院で皮下輸液をうけ、いつもならすぐ止まる血がなかなか止まらない。なんとか処置が終わり、先生がチョコを優しくなでてくれた。

病院からの帰り、松原から日本海さかな街に続く道路を走りながら、「ポカポカといい天気だねー。春みたいだね。チョコと何度この道を通ったかなー。いい天気だねー。ほんといいてんきだね~」チョコはケージの中からフロントガラス越しの景色を眺めていた。
たぶんこれが最後のチョコとのドライブだと思うと涙が出た。

翌2月28日。夕方6時40分。数分おきに右に左に寝返りをうつ。7時すぎに苦しそうに息をする。「大丈夫だよ大丈夫だよお父さんここにいる」といい頭をなででやる。そして「カッ、カッカッ」といい息が止まる。時計を見ると7時10分。

チョコ(17歳、雌ネコ)若い頃はやんちゃお嬢(獰猛といってもいい)だった。
ぼくはチョコのおなかのフカフカの毛が好きだった。悪い事をした時は顎でチョコの頭をゴリゴリするのが決まりだった。

写真は2月23日いっしょにテレビを見ていた。亡くなる5日前である。

Img_0676
いつも膝に乗って来たので、これが生活として溶け込んでいたので気がつかない事も。

気がついてからたったの2週間。あまりに早かった。まだ家のどこかで寝ているような気がして・・・。
やっぱり、きつい。さみしい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/01/23

雪・雪・雪

昨夜8時頃から降り始めた雪。

Img_0652
夜9時には8センチ。

朝起きてみると30センチになっていた。

車出せないので孤立。

午後は除雪作業。

重~く湿った雪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/02

コードレスクリーナー スタンド製作。

ダイソン コードレスクリーナー 壁掛けスタンド

Img_0361ダイソンのコードレスクリーナーは、収納用ブラケットを壁や柱などに木ネジなどを使って取り付けるようになっている。
ただ、この方法だといろいろと問題もあるようで・・・。

床にゴロンと置いてあるクリーナーをなんとかしたい。

そんなわけで専用スタンドを自作しました。

Img_0353
幅89ミリ厚さ38ミリのSPF材(348円)をスタンド支柱部分に使いました。長さは1250ミリに切断。
台座は18ミリ厚のパイン集成材300ミリ×600ミリ(980円)それを280ミリ×280ミリに2枚切り出しました。

木材の切断は購入したホームセンターでやってもらいました。(木材カット40円)
支柱の添え木は手元にあった木片。

以上の材料をサンドペーパー(100~600番)でツルツルにします。

台座の一枚に支柱をピッタリはめるための切り欠きを入れてから、木目方向が縦、横が互い違いになるようにし、2枚を木工ボンドと木ネジで接着しました。

コードを通す穴を収納ブラケットで位置決めをし、支柱上部にドリルで開けました。穴のひどさはご愛嬌。38ミリ厚の材にL型の電源コネクターを通すのでこんなことになってしまいました。ま、見えなくなる部分なのでどうでもいいのです。

組み立ては木工ボンドと木割れ解消ビスを使って行ないました。
ロゴはお遊びで、マスキングしてプラカラースプレーで仕上げ。

Img_0362木ネジや木工ボンドなどは手持ちのがあったので総製作費1,477円(税込)でした。

今回ホームセンターで材料のほとんどをカットしてもらったので、自作だけれど、もうほとんどセミオーダー感覚。

それにしても木材の切断は安いですね。
たった40円でパーツの切り出しができたのですから。あとはプラモ感覚で組み立てるだけ。
この暑い時期に汗だくになってノコを使わなくて済みました。

これで場所の移動も楽。
どこにでも設置できます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/18

熱中症(どこかがおかしい?)

タイトルだけ見ると体調の事のようだけれど、記事は「コトバ」についてだ。

「熱中症」というコトバ。

同じ使い方に「認知症」というのもある。

「熱中」・「認知」という動作性名詞に「症」をくっつけてしまったものだからコトバがコワレてしまった。

コワレているのに気づかず、身体の不具合を作用させていると思っている。

こういう言葉を生み出す事が、認知不全症の症状だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/26

必需品?

Img_0280左の黄色いケースに入っているのは「エクストラクター」というもの。毒を吸い出す器具です。

蜂等の毒虫や毒蛇の毒を片手で簡単に吸い取ることができるようです。

蚊に刺されても効果があるのか? 試してみたくなります。

右の金属の器具はダニ取り用のピンセット。片手でバネの力でダニが取れるようになっています。
このブログで何度かダニにやられたことがあると書きましたが、ダニに食い付かれると皮膚に食い込むので、とにかく取りにくいのです。

すいばり(とげ状のもの)などが刺さった時にも便利かもしれません。

ま、とにかく使う機会などないことにこしたことはないものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/21

腕時修理中なので安時計。

フレデリック・コンスタントのカレは修理中。たぶん一月ほどかかる。
で、タグホイヤーのS/elを使っていたら4秒針で電池交換含むメンテナンス1でこれまた3週間ほどかかるという。

Img_0278しかたないのでフレデリック・コンスタント クラシック・アールデコFC260X3T5/6というムーンフェイズの昔買った並行輸入品。1万円もしなかったと記憶している。
当時はこのメーカー安かったんだね。

綺麗だしフィット感などカレよりはるかにいいんだけれど、ハァ~・・・。
ビンボー臭くって・・・いかん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/28

LEDスタンドライトと頭痛。

昨年書いたGREEN HOUSEのLEDスタンドライト。
長く使っていると目と頭が痛くなる。はたしてLEDだからそうなるのか分からない。
でも、目の玉に光が刺さるような感覚。たぶん思い込みもあるんだろうけれど・・・。

それで蛍光ランプのものを購入しました。

Slimacのデスクライト やはり光が柔らかい。
付属していた電球は東芝のネオボールZ (EFD15ED/10-PDS)昼光色 ただこの電球はランプシェード下部から少しはみ出ていて横に漏れる光が眩しかったのでパナソニックのパルックボール・プレミア(EFD15ED/10)に交換しました。これはネオボールより電球部分が一回り小さく、明るさは同じです。

Img_4987
写真左がSlimacのデスクライトで右がGREEN HOUSEのLEDスタンドライト。
写真は白色蛍光灯モードで撮影。やや全体的に青みがかって見えるもののSlimacのデスクライトのやわらかで暖かい色が分かっていただけると思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/26

夏の生命維持装置。

暑い!
午後三時半ごろ金山バイパスを西に向かって走行。旗護山トンネルを出たところの気温計は37℃でその先の美浜東パイパス佐田トンネルを過ぎたところの気温計はなんと40℃だった。

今これを書いているのは10:30pm室温は34℃ 窓を開けているけれど冷たいアイスコーヒーがすぐに温くなる温度である。

ふと思ったんだけれど僕が小学校や中学の頃はエアコンどころかクーラーなんてものもなく、それでも今のように暑さで倒れたり命の危険性なんてそれほど話題になった記憶がない。熱中症なんて言葉もなかった。日射病と言うコトバが一般に使われていて屋外の体育の授業で倒れるとあまりいい目で見られなかった。

ヒステリックな女性体育教師がギャーギャーわめきながら、当時開催直前の福井国体の行事や体育大会の練習は恐怖で、暑さで頭痛や吐き気を我慢しながらの学校生活は軍隊並み(軍隊がどんなものかしらないけれど)そしてその評価が現代まで延々と続いているのが田舎。(さすがにふけ(さぼる)はしなかったが真面目に一生懸命になどしなかった)

話題が変な方向にいってしまったが、とにかく暑いという事。そしてこの猛暑が昭和30〜40年代だったらどれだけ深刻な被害が出たのだろうということ。

現代のエアコンや進化した扇風機はさしずめ夏の生命維持装置といったところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/24

柔軟剤。

いつも使っていた柔軟剤が生産終了になり、メーカーが推奨する新しいものに変えたのだけれど、もう全くの別物で今後何を使おうか?と思っていたら、ふと立ち寄った大手ドラッグストアに無くなったはずの柔軟剤が積まれていた。

Img_4748「ハミングフレア毎日ふんわりエッセンス(陽だまりの香り)」
このニッコリ笑ったイラストがいいですね。
今年の3月に生産終了になり、あちこち回ったけれどなくて諦めていたけれど、7月になって見つかるとは。
しかも1袋(つめかえ用)175円(税別)とお安い。6袋買ってきた。
容器(ボトル)を捨てずにいてよかった。

メーカーに使用期限を問うと「使用期限は設けていないが約3年間は大丈夫」という。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/20

北海道への移住には気をつけよう!

じつにがっかりだ。

北海道十勝総合振興局からの回答には、もう既にここで何度か記載された事ばかり。
そんなことはもううんざり。

そしてその157KBの回答文には「爆音機は北海道公害防止条例の適用は受けない。」というもの。
これは爆音は公害でないからなんの規制もしない。北海道では爆音を容認するということと理解する。

そして一番最後には「紛争の解決手段として公害紛争処理法による方法もあるということを併せてお知らせさせていただき、回答とさせていただきます。」と書かれている。
発信は北海道十勝総合振興局保険環境部環境生活課主査である。

いままでこの問題でいろんな行政とのやりとりがあった。ものすごく腹が立った回答もあった。周りからは喧嘩のように思われる事もあっただろう。が、今回の北海道十勝総合振興局の回答は次元を超えた冷たさだ。
問答無用、ばっさり斬り捨てられた、いや斬り殺され感じだ。

生き難い者さんの11/04の書き込みが気になっていたのだけれど、たぶん同じようなやり取りがあったのかもしれない。
お気持ちを察すると胸が痛い。

もし、そんなところでも移住されたい方がいらっしゃるのなら、爆音機の設置の有無と今後爆音機が設置された場合の補償を文書にしておくべきだ。ま、北海道に限らずこれは全国の農村部に当てはまる事だが。


あとがき▶
十勝総合振興局への問い合わせにはこちらのメールアドレスから一文字抜いて送信し返答期限近くになったら訂正するつもりだったが、先方は何度かの不達を経験しながらも届いていた。入力フォームからの送信だったのでこちらのアドレスは解らないはず。どこから漏れた? それとも当てずっぽう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧