2017/12/11

スタッドレスタイヤ入れ替え。

スバルR1(S)用に新しく選んだのはブリヂストンのBLIZZAK VRX2

Img_1136_2
純正のアルミホイールに組み込んだ。
サイズは165/55R15


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/21

スバルR1 GPSレシーバー設置場所変更。

前回「GPSレシーバー」設置の記事を書いたが、思わぬ時に手に触れて使い勝手が良くない。

Img_0836
こういう場合ソケットタイプというのが災いし、どこでも設置と言うわけにはいかない。
数日検討して助手席小物入れに設置した。

ただ、この小物入れの上部には車検証入れがあり蓋が下方に開くようになっている。(正面から見た場合この車検証入れは全く見えない。)
これをクリアする為にプラグの上部を蓋の形状に合わせて(蓋が開いた状態で)5ミリほどV形に削った。

ちょっと見にくいが写真は車検証入れの蓋を開けた状態。

小物入れも車検証入れも問題なく使え、GPSの測位も全く問題ない。

取り付けにはアルミ板を使いソケットと小物入れ右壁を小さなタッピングビスで固定。もちろん両面テープ併用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/09

R1(S)にGPSレシーバー取り付け。

GPSレシーバーなるものを取り付けた。

Img_0823
GPSレーダー探知機からレーダ探知の部分を省いたもの。
警告地点に近づくとランプと音声で知らせてくれる。

商品はセルラーのASSURA GR-81

シガーソケットに挿すだけというものだけれど、ソケットが使えなくなるので増設。
両面テープで付けたが一晩で剥がれたので、タッピングビスで固定。

GPSの測位はかなり早い。
液晶画面が無いのはいい。4つのランプとたったふたつのボタンのみ。

その案内には全く問題がないが、音質が良くない。たぶんスピーカーと筐体の問題だと思う。

デフォルトのGPSデータは2013年といういささか古いものだったので最新のデータに更新した。

簡単に出来ると思ったけれど・・・。

safariでDLした。GR-81.zip.htmlというファイルがダウンロードされる。htmlの部分を削除しGR-81.zipとしてZIPファイルにする。zipの解凍フォルダをmicroSDカードを挿入したカードリーダーにドラッグアンドドロップする。

ま、そう面倒ではない。microSDカードをGPSレシーバーに挿入して無事「2017年6月度版」のアナウンスでホッとした。

2008年に取り付けたGPSレーダー探知機(YUPITERU EG-R420)はお役御免となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/03

SUBARU R1(S)11年目の車検終了。

大きなトラブルもなく、10年以上乗ったのはR1が初めて。
球切れなど一度もないのもすごい。

Img_0811
無事11年目の車検が終わった。
エンジンオイルやバッテリー交換は春に終えていたし、発煙筒もLEDのものを常備していたのでそれほどの出費はなかった。
点火プラグとエアエレメント、エアコンフィルターの交換。あと車体の防錆コーティング(雪国では必須)車検時だと安くなる。をお願いした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/28

ナンバープレートの色。

白いナンバープレート。見慣れてきました。

Img_0774
黒いボディーに黄色の有彩色は合わないね。

バックは敦賀港(フェリーターミナル)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/27

スバルR1ドアミラーボタンパネルのカーボンシート貼り。

ミラー関係のスイッチ部分のパネルにダイノックのカーボンシートを貼りました。

Img_0548
この部分の細工はR1オーナーの方は手軽にやられているようです。
で、小さな部分なので簡単にできると思ったのですが、僕が不器用なのか、かなり手間取りました。

パネルを外しコネクターを外すところまではすぐだったのですが、パネルとスイッチユニットがなかなか外れず苦労しました。

右上のサイドミラー格納ボタンの穴はかなりタイトなのでシートを貼ると微妙に干渉します。そのままでも使えますが、ここは完璧に仕上げたかったのでシートの貼り方を工夫。
写真をクリックして拡大してみてください。ま、こんなもんでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/25

スバルR1(S)メーターバイザー修理。

R1sのメーターバイザーが破損したので修理しました。
(製作は2008/11/07の記事)
左の方1センチくらいの所から折れてしまいました。(破損時の写真は撮り忘れました。)材質が「バルサ材」なので壊れやすいのかも知れません。木工ボンドで接着して強度を出すため全体をパテで修正。さらにつや消しブラックを厚塗りし強度を出したつもり。

Img_0535
▲上の写真は装着前。

▼下の写真は装着後。

Img_0536
装着場所は一見単純で左右対称のように見えますが幅、曲率とも違っていて複雑な形状です。
貼付け場所は色々探りながら、センターよりやや右よりの場所にしました。

▼横から見ると。

Img_0539

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/15

スバルR1s PlayzからPOTENZAに(タイヤ入替)

R1sのタイヤを入れ替えた。
今まではPlayzでサイズは155/60R15だった。これはヒドかった。感覚的に好きではないノイズと頼りない走行感覚。早く変えたいと思いながらも減るにはそれ相当の時期が必要だった。

POTENZA Adrenalin RE003に変えた。サイズは165/55R15 75V。
空気圧は純正と同じでいい(前220kPa 後210kPa)
(ホイールは純正のまま使用 4.5Jなので許容範囲)

Img_0499
(写真は右後輪)
ほんの数十メートル走っただけで「これはイイ!」と思った。
まるで足回り全部を新しくしたようで、コーナーが楽しくなった。そして段差を越えた時の「タタンッ!」という感触。素晴らしい。
Playzは「ポンッ」て感じだった。そしてコーナーでは「グニャ」だった。
走行騒音はうるさくなる事を覚悟していたのにPlayzより静か。PlayzがPOTENZA に勝る点があるとすれば燃費くらいか?とはいえその差はあまり感じない。
タイヤを入れ替えただけでこれほど車がシャキッとしたのは初めての事。


Img_0528
リアクォータートリムパネルの境目に2mm幅のインテリアモール(赤)を入れました。(黄色矢印)
こうやって後席を見るとR1の小ささが分かっていただけると思いますが、リアのシートベルトがあるようにこの下にリアシートが隠れています。OPのラゲッジトレーを敷いているので現在は2シーター仕様です。
インテリアモールの下の楕円形の部分がリアスピーカーで、これを付ける為にリアクォータートリムパネルごと交換しています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/24

SUBARU R1(S)10年目

10年経った。

Img_0308
先月定期点検を終えた。走行距離は6万2千キロを超えた。
写真は敦賀、気比の松原にて先月撮影。今ごろは海水浴の車でこの駐車場は混雑しているんだろうなー。

Fグリル下部の赤い部分を黒に戻した、リアエンブレムのSも赤かったのを黒にした。(ダイノックのカーボンシートを貼った)
Img_0304
Img_0301

さて、タイヤが交換時期に近づき次はどうしょうかと思案中。秋にはバッテリーも交換しなくては。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/22

subaru R1(S)ラジエターホース交換。

Img_5511R1(S)10年目ということで、黄色の丸印のホース3本を交換しました。

以前から黄色の矢印(←)部分からほんの僅かに滲みがあったのですが、リザーバータンクへのホースなので放置していました。白い粉も表面に発生していました。

ラジエターキャップと冷却水も交換。
料金は11,934円
今回はヒーターへのホースは交換していません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧